コレステロールと食事の関係

コレステロールと食事の関係

コレステロールが気になると言う理由でダイエットをしたり、食事を制限している人を見かけます。

 

コレステロールと体との関わりは何であり、健康を保つこととどんな関わりがあるでしょう。

 

よく健康診断の血液検査などでも指摘されるコレステロール値です。

 

様々な食材にコレステロールは含まれていますが、コレステロールとは生命を維持していくためには必要な成分です。

 

コレステロールと聞くといわゆる悪玉コレステロールに代表されるように、体に悪いものというイメージがあるでしょう。

 

人間の体に欠かせない細胞膜をつくり、脳、副腎など人体の主要な位置にあります。

 

コレステロールは、日頃の食材からこまめに取り入れることが大事です。

 

健康のことを考えるなら、脂質のひとつであるコレステロールは取り過ぎは厳禁です。

 

血液中の脂質量が多い場合、コレステロールを含む食事を食べ過ぎていることがあります。

 

脂質過多の食事を続けていると、血管の流れが滞ってしまうこともあります。

 

油ものや揚げもの、肉類、魚卵や鶏卵といった食材はコレステロールが多いため、食べすぎによる影響に気をつけましょう。

 

食事内容をチェックすることで、善玉コレステロールと悪玉コレステロールの量を検討し、食事に活かすことが可能です。