コレステロールが高い人の食事

コレステロールが高い人の食事

コレステロールが高い人は食事の内容を見直す必要があると言われています。

 

コレステロールには、LDLコレステロールとHDLコレステロールの2種類があります。

 

健康診断などてはLDLコレステロールとHDLコレステロールの合計が血中のコレステロールの濃度として扱われています。

 

悪玉コレステロールとも呼ばれているコレステロールは、LDLコレステロールです。

 

多すぎる人は、食事制限によって調整する必要があります。

 

LDLコレステロールには、たんぱく質が少なく、脂肪が多く含まれているという性質があります。

 

動脈硬化、心筋梗塞といった重篤な疾患の背景には、血液中のLDLコレステロールが蓄積されすぎている場合もあるようです。

 

肉類や、油をたっぷり含む食事を日常的にしていると、悪玉コレステロールが増加しがちです。

 

野菜より肉を多く摂取しているという人は、血液中のコレステロール量を気をつけましょう。

 

これに対して、血液中に多くのコレステロールがあっても、善玉コレステロールであれば無問題です。

 

心筋梗塞や動脈硬化の予防効果が、善玉コレステロールにはあるともいいます。

 

青い魚やオリーブオイルを利用した食事は、善玉コレステロールを効率的に摂取できるともいいますので、工夫してみてください。