コレステロールを下げる食事

コレステロールを下げる食事

悪玉コレステロールが血液中に多く存在していることがわかった場合は、食事メニューを切り替えることです。

 

動物性の脂肪がたっぷりと含まれている食べ物は、悪玉コレステロールが多いようです。

 

肉を控えたら、それだけで血中のコレステロール値が低くなったという人もいます。

 

コレステロールを下げる食品もあるので上手に食事に利用し、徐々にコレステロール値を正常に持っていくのもいいでしょう。

 

植物性脂肪を取り入れることで、悪玉コレステロールを減らせるともいいます。

 

料理に使いやすいコーン油、ひまわり油、オリーブオイルを日常的に使って食事をするというのもいい方法といえます。

 

カロリー量が高いので、油はあまり摂取しすぎないようにしましょう。

 

コレステロールを下げるためには、毎日体を動かす習慣を作ることも効果があります。

 

ぜひ食事と運動を同時に行って健康的に改善するようにしましょう。

 

ホルモン量や加齢、遺伝もコレステロールに関わっており、運動や食事による効果は人によってどうしても差があります。

 

コレステロールに関して医療機関の指導を受けた場合、運動と食事から取りかかります。

 

食事を見直してもコレステロールが変わらないという場合は、病院で診察を受け薬を処方してもらうことも可能です。