LDLコレストロールが高いと起こると考えられる病気

LDLコレストロールが高いと起こると考えられる病気

LDLコレステロールが直接の原因となる病気

脳卒中

LDLコレステロールが直接の原因と考えられている病気にはたとえば脳卒中があります。
脳卒中は脳出血や脳梗塞といった脳の血管内部が塞がれることによって起きる病気です。
細い血管だと気が付かないこともありますが、太い血管が塞がれるとそれだけ多くの血液の流れが阻害されるので、命に関わりますし、早期に治療を行っても後遺症が残る可能性があります。
LDLコレステロールは脳の血管の内壁に蓄積して徐々に血管内部を塞いでいく物質と考えられているので、脳卒中との関連性が高いです。

虚血性心疾患

それから虚血性心疾患があります。虚血性心疾患は狭心症や心筋梗塞といった心臓の血管内部が塞がれることによって起きる病気です。
心臓に血液を送っている動脈を冠動脈といいますが、この冠動脈が塞がれると心臓に酸素や栄養がいかなくなり、働きが低下します。
心臓は体を元気に動かしたり、生命を維持したりするのに必須の臓器なので、虚血性心疾患になると健康や命を脅かすことになります。
LDLコレステロールは脳卒中と同じ原理で冠動脈の内壁に蓄積することで冠動脈内部を塞いでいきます。

動脈瘤

脳卒中や虚血性心疾患と関連性が高いですが、動脈瘤もLDLコレステロールが高いと引き起こされる可能性のある病気です。
動脈瘤は動脈がこぶのように大きく膨れ上がって発病します。
そしてこのこぶは脳卒中や虚血性心疾患と同じようにLDLコレステロールが動脈の内壁に蓄積することで発生するのです。
動脈瘤はこぶのままであれば症状がないことも多いのですが、こぶが破裂すると激痛が起こったり、命に関わったりします。

脂質異常症

それから脂質異常症があります。
血中にはコレステロールや中性脂肪、リン脂質、遊離脂肪酸といった脂質が含まれていますが、このうちLDLコレステロールと中性脂肪が多すぎる状態を脂質異常症といいます。
特にLDLコレステロールが多い状態を高LDLコレステロール血症といい、中性脂肪が多い状態を高トリグリセライド血症(TG血症)といいます。
また不要な脂質が多いだけでなく、HDLコレステロールが低い脂質異常症もあり、この場合は低HDLコレステロール血症といいます。

動脈硬化

また動脈硬化もLDLコレステロールが原因の病態と考えられています。
動脈硬化は動脈が分厚くなったり、硬くなったりして中を通る血液が血管を押し広げられなくなる状態を指します。
この動脈が分厚くなったり、硬くなったりする理由が動脈の内壁にLDLコレステロールが入り込むからなのです。

 

LDLコレステロールが間接的な原因となる病気

高血圧

LDLコレステロールが間接的な原因になると考えられている病気にはたとえば高血圧があります。
高血圧は血圧が基準値を超える数値になっている状態を指します。
血圧が高くなる原因には遺伝や生活習慣などさまざまなものがありますが、LDLコレステロールは血管の内壁に侵入し、血管内部を狭くすることで血圧を高くします。
血圧は血管内部にかかる血液の圧力の大きさを示す数値なので、血管内部が狭ければ狭いほど高血圧になるのです。
また長期間、高血圧でいるとその圧力に耐えるために血管がさらに分厚くなっていくので、動脈硬化を進行させるおそれがあります。

糖尿病

それから糖尿病があります。
糖尿病はインスリンが分泌されなくなったり、その働きが悪くなったりすることで、血中のブドウ糖代謝が正常に行われなくなる病気です。
こうなると筋肉や臓器にエネルギーとなるブドウ糖が送れなくなり、さまざまな健康リスクを引き起こします。
最悪の場合、目が見えなくなったり、腎臓の機能が停止したり、足を切断したりすることになります。
糖尿病は脂質異常症や高血圧の人がなりやすいと考えられています。
脂質異常症や高血圧はLDLコレステロールが高い人がなりやすいので、間接的に糖尿病にも関わっているのです。

痛風

また痛風も間接的にLDLコレステロールが関わっていると考えられている病気です。
痛風は血中の尿酸値が高い状態を示す高尿酸血症によって引き起こされます。
尿酸は体内の代謝から生まれる老廃物のひとつで、痛風ではそれが結晶化することにより、足の親指の付け根あたりなどに激痛が走ります。
糖尿病と同じく、痛風も脂質異常症や高血圧の人がなりやすいので、LDLコレステロールが高い人ほどリスクが高いです。

脂肪肝

他にも脂肪肝があります。脂肪肝は肝臓に脂肪が多く付着している状態です。
原因にはウイルス性の肝炎やお酒の飲みすぎなどがあげられますが、脂肪のつきやすい食生活をしていることも当てはまります。
そして脂肪のつきやすい食生活はLDLコレステロールを上昇させる直接の原因になります。
そのため、LDLコレステロールが高い人ほど脂肪肝になっていることが多いのです。
脂肪肝は肝機能の低下を招きますが、悪化すると肝硬変という病気になります。
肝硬変は肝臓がんの原因になるので、命に関わります。