LDLコレストロールと動脈硬化の関係

LDLコレストロールと動脈硬化の関係

動脈硬化 のメカニズム

動脈硬化は動脈が分厚くなったり、硬化したりして柔軟性が失われ、血管としての働きが低下する症状のことを指します。
そしてこの動脈硬化はLDLコレステロールが血管の内壁に蓄積することによって引き起こされると考えられています。

 

動脈は内膜、中膜、外膜という3つの組織で構成されています。
このうち血液に触れているのは内膜の部分です。
内膜の表面は内皮細胞で覆われ、血液から流れ込んでくる成分を選別する機能を果たしています。

 

そのため、健康な血管であれば血液から必要な成分だけを内皮細胞で吸収し、不要な成分はブロックして吸収しないようにしています。
それから血液が凝固したり、血管に付着したりしないようにするのも内皮細胞の役割です。
しかし、血管の内壁が傷つくと内皮細胞の働きが悪くなり、血液の中の白血球が内壁に付着して内膜に入り込んでしまいます
内膜に入り込んだ白血球はマクロファージという細胞に姿を変えます

 

実はこのマクロファージはLDLコレステロールを呼び寄せる性質があります
マクロファージがLDLコレステロールを呼び寄せれば呼び寄せるほどそれに従って内膜が分厚くなっていきます
血管の組織のひとつである内膜が分厚くなれば当然血管全体も分厚くなります。
これが動脈がLDLコレステロールによって分厚くなるメカニズムです。

 

動脈硬化は少しずつ血管を分厚くしていくものなので、進行初期のうちはほとんど自覚することができません。
そのため、血管がある程度以上分厚くなり、血流に大きな障害が出るようになってからはじめてその存在に気づくことが多いです。
しかし、血流に大きな障害が出た時点で健康や命が大きく脅かされているのは間違いないので、動脈硬化は予防や早期発見が非常に大切です。

 

動脈硬化はその症状によってさまざまなタイプがありますが、最も代表的なのはおかゆのように血管が分厚くなるタイプです。
おかゆ状に硬化した血管の部位を粥腫といい、この粥腫の中にも脂肪分の多いものから少ないものまで、さまざまなタイプがあります。

 

最も危険なのは脂肪分を多く取り込んだ粥腫だといわれています。
この粥腫は非常に不安定で、血管がもろくなりやすいことから、動脈硬化としての有害性が高いです。

 

コレステロール以外の動脈硬化の原因

動脈硬化の原因はコレステロール以外にもさまざまなものがあります。
たとえば、高血圧があります。
高血圧の人は血管の内側に常に高い圧力がかかっているので、内膜が傷つきやすい状態です。
内膜が一時的に傷ついてもすぐ修復されるのですが、何度も傷つくと脂肪が血管組織に入り込んでしまいます。
またひどい高血圧になると細い動脈だけでなく、太い動脈も硬化していくので、健康リスクが高くなります。

 

喫煙も動脈硬化の原因と考えられています。
喫煙は呼吸器や消化器にダメージを与えるものとして知られていますが、血管への影響も深刻です。
何が問題かというと、タバコに含まれるニコチンが持つ血小板を凝集させる作用が関わっています。
血小板が凝集するとその部分の血液が固まりやすくなるのですが、固まった分だけ血管の内側が太くなるので、コレステロール蓄積による動脈硬化と同様の状態になります。
また喫煙は血管を収縮させて血管の内側にかかる圧力を高めることから、高血圧の原因にもなります。

 

それから肥満も動脈硬化の原因のひとつと考えられています。
肥満の人は血中の脂肪が多いので、血管の内膜にそれだけ脂肪が入り込み、動脈硬化になりやすくなるのです。
また肥満は喫煙と同様に高血圧の原因になるので、複合的に動脈硬化を誘発させることになります。

 

他にも運動不足が動脈硬化の原因のひとつと考えられています。
というのも、運動をあまりしない人は脂肪が燃焼されず、血中の脂肪が増えやすいからです。
ただし、運動で脂肪を燃焼するには数十分以上の継続した運動が必要になると考えられています。
運動してすぐの時にエネルギーとして消費されるのは筋肉の中の糖分で、次に血中のブドウ糖、その次にようやく脂肪です。
そのため、脂肪がエネルギーとして使われる前に運動をやめてしまってはあまり意味がありません。

 

数十分以上の継続した運動が可能なのは基本的に有酸素運動となります。
たとえば、ジョギングやウォーキング、ランニング、水泳などです。

 

それから飲酒も動脈硬化の原因になりえます。
お酒に含まれるアルコールは肝臓で処理されますが、大量のアルコールを摂取するとその処理が追い付かなくなり、肝機能の低下を招きます。
肝臓は不要なLDLコレステロールを排出するなど、体のさまざまな代謝機能に関わっているので、肝機能が低下すると血液や血管の状態が悪くなり、動脈硬化に繋がるのです。
ただし、少量の飲酒であればHDLコレステロールの増加や血流促進、ワインの場合はポリフェノールの抗酸化作用が働くため、むしろ動脈硬化を抑制するという考え方もあります。

 

動脈硬化が原因でおこる病気


動脈硬化の人は臓器に大きな負担をかけています。
そのため、さまざまな病気のリスクがあるのですが、代表的なのは心臓と脳の病気です。

 

心臓の病気では狭心症や心筋梗塞があります。
狭心症は心臓の筋肉に酸素が不足することによって、気持ちが昂った時や急な運動をした時に胸が痛んだり、息が苦しくなったりする病気です。
これは心臓の筋肉に血液(酸素)を送っている冠動脈という動脈の内部が動脈硬化で狭くなり、血流障害が生まれていることが原因です。

 

心筋梗塞は狭心症が悪化したもので、胸が激しく痛んだり、呼吸困難になったりする症状があり、その後の処置によっては命を脅かすこともある恐ろしい病気です。
これはLDLコレステロールなどが溜まってできる血管内壁のこぶが破れ、その部分の血流がストップし、心臓の筋肉が完全に機能停止することによって引き起こされます。この血管内壁のこぶはいわゆる動脈硬化でできる粥腫のことです。

 

狭心症と心筋梗塞はセットで語られることが多く、2つを合わせて虚血性心疾患と呼びます。

 

脳の病気では脳梗塞があります。脳梗塞も虚血性心疾患と原理は同じです。
動脈硬化によって粥腫が破れたり、心臓で生じた血の塊が血液の流れに乗って脳の血管にいったりすることで血管が詰まり、その先の脳組織が酸素や栄養を受け取れず機能停止してしまうことが原因です。
脳梗塞の症状にはたとえば体がしびれたり、手足を動かしづらくなったり、話しづらくなったりすることがあげられます。
ひどい脳梗塞の場合、命の危険がある上に助かっても後遺症が残ったりします。

 

臓器以外では閉塞性動脈硬化症というものがあります。
これは動脈硬化によって下半身の動脈の血流が悪くなってしまう病気です。
下半身は臓器こそありませんが、歩くのに必要な部位です。
そのため、閉塞性動脈硬化症になると、足が痛んで歩けなくなったりします。
普段は平気なのに軽く歩くだけで足が痛む場合は初期の閉塞性動脈硬化症になっている可能性があるので、注意が必要です。
悪化すると足を切断して治療しなければならなくなることもあります。

 

また閉塞性動脈硬化症になるということは動脈硬化の影響が体に大きく及んでいるということでもあります。
そのため、普通の人よりも虚血性心疾患や脳梗塞にかかるリスクが高いので、それらの疾患が引き起こされる前に動脈硬化を改善していくべきです。