総コレステロールの数値(基準値)

総コレステロールの数値(基準値)

総コレステロールの数値とは

 

総コレステロールの数値は血液内に存在するすべてのコレステロール量を数字で示したものです。
コレステロールにはHDLコレステロールやLDLコレステロールといった種類がありますが、これらは区別しません。

 

総コレステロールの数値には基準値が設定されています。

 

人間ドック学会

人間ドック学会では

総コレステロール(TC)

異常:139以下
基準範囲:140〜199
要注意:200〜259
異常:260以上

 

HDLコレステロール

異常:29以下
要注意:30〜39
基準範囲:40〜119
異常:120以上

 

LDLコレステロール

要注意:59以下
基準範囲:60〜119
要注意:120〜179
異常:180以上

 

中性脂肪(TG)(トリグリセリド)

要注意:29以下
基準範囲:30〜149
要注意:150〜399
異常:400以上

 

となっていて、

 

日本動脈硬化学会

日本動脈硬化学会での脂質異常症診断基準は

LDLコレステロール

140mg/dL以上:高LDLコレステロール血症
120〜139mg/dL:境界域高LDLコレステロール血症

 

HDLコレステロール

40mg/dL未満:低HDLコレステロール血症

 

トリグリセライド(TG)

150mg/dL以上:高トリグリセライド血症

 

となっています。

 

基準値の確認は公式のものを実際に確認してください。

 

この基準値内であれば血液内のコレステロール量が正常で、健康な血液の流れであることがわかります。
なぜかというと、総コレステロールの数値が高すぎると、血中の脂質が多すぎて血液がドロドロになっている可能性があるからです。

 

血液がドロドロになると血流が悪くなり、酸素や栄養が全身に届けられにくくなります。
酸素や栄養は人間の生命活動の維持に必須のものなので、それらがうまく回らなければ体はどんどん不健康になっていきます。
また血栓ができることで血管がふさがるリスクも高まります。
脳や心臓の血管がふさがれば後遺症や命の危険にさらされるので、総コレステロールの数値を抑えることは重要です。

 

あとはHDLコレステロールとLDLコレステロールのバランスです。
最近はLH比で見たほうが良いと言われていたりします。

 

参考ページ
LDL(悪玉)コレステロールとHDL(善玉)コレステロールはどういった関係?

総コレステロールの数値は低すぎてもNG

 

総コレステロールの数値の基準値は実は上限だけでなく、下限もあります。
これはなぜかというと、コレステロールには善玉コレステロールと悪玉コレステロールがあり、善玉コレステロールの方はむしろ体に良い影響を及ぼすからです。
善玉コレステロールは最初に書いたHDLコレステロールのことで、脂質の含有量が多くなった血管からコレステロールを排除する作用を持ちます。
悪玉コレステロールはLDLコレステロールのことを指し、血管の壁に入って血管を硬くする作用があります。

 

参考ページ
LDLコレストロールと動脈硬化の関係

 

よくある間違いが「総コレステロールの数値が基準内にも関わらずなお数値を下げようとしているケース」です。
総コレステロールの数値を下げすぎるのは善玉コレステロールが減って逆に体に悪いですし、過剰な節制によるストレスを抱える可能性があるので、基準値内であれば多少の数値の増減は気にする必要はありません。

 

最も大切なのは肝臓の健康を維持すること

体内のコレステロール量の調節は肝臓が行っています。
そのため、肝臓さえ健康であれば、体内のコレステロール量のバランスが崩れることはそうそうないということです。
特にコレステロールは体内で生成される割合が多い物質なので、食事から摂取する量ばかりを気にしていても不十分です。
そのため、健康診断を受ける時は総コレステロールの数値と肝臓の数値をセットで考えるべきです。