喫煙・タバコとLDLコレステロールの関係

喫煙・タバコとLDLコレステロールの関係

コレステロールと喫煙の関係

喫煙をすると血液がドロドロになって流れが悪くなるという話があります。
これはタバコに含まれている成分がHDLコレステロールを減らし、代わりにLDLコレステロールや中性脂肪を増やす作用があると考えられているからです。
HDLコレステロールは血中の不要なコレステロールを肝臓に戻す機能があるので、これが減ることでますますLDLコレステロールを増加させてしまいます。

 

また喫煙をするとタバコの有害物質が体内に活性酸素を発生させるようになります。
この活性酸素は細胞を酸化させる物質ですが、LDLコレステロールもこれによって酸化させられてしまいます。
こうして酸化LDLコレステロールになった物質は血管の内壁を傷つけたり、ビタミンやカロチンといった活性酸素を抑制する物質を少なくしたりします。
つまり、喫煙はLDLコレステロールを増やすだけでなく、その有害性を高めるおそれがあるということです。

 

以上のことから、LDLコレステロール対策をする際は基本的に禁煙が推奨されます。
1日に吸う本数を減らしたり、有害物質の少ないタバコを選ぶのもいいですが、やはり一番いいのは完全に喫煙をやめることです。

 

喫煙の危険性

喫煙によって血中LDLコレステロールが増加し、血液がドロドロになると、酸素や栄養が体内にうまく運ばれなくなります。
そうなると疲れやすくなったり、息切れを起こしやすくなります。

 

それから喫煙で酸化したLDLコレステロールが血管の内壁を傷つけた場合、当然血管にダメージが蓄積し、もろくなります
もろくなった血管は伸縮性が失われ、切れやすくなったり、詰まりやすくなったりします。
患部が脳内だった場合、血管が切れれば脳出血になりますし、詰まれば脳梗塞になります。
どちらも発症すれば命を落とす危険がある病気ですし、一命をとりとめたとしても後遺症の心配があります。

 

心臓の疾患も問題です。心臓を動かす筋肉に血液を送り込んでいる冠状動脈が詰まると、心筋梗塞や狭心症といった病気を引き起こします。
急に体を激しく動かした時に胸の痛みが出る場合は冠状動脈が詰まりかけている可能性があるので、要注意です。

 

禁煙は医療機関でもサポートしています。
自分一人ではなかなかやめられない場合は医師に相談しながら行うと成功するかもしれません。
禁煙方法にはさまざまなものがあるので、長く続けられそうな自分に合ったものを選ぶといいでしょう。