LDL(悪玉)コレステロールとHDL(善玉)コレステロールはどういった関係?

LDL(悪玉)コレステロールとHDL(善玉)コレステロールはどういった関係?

LDL(悪玉)コレステロールとHDL(善玉)コレステロールの違い

コレステロールは血液に溶けない性質を持ちます。そのため、リポたんぱく質という運搬粒子がコレステロールを含み、血流に乗せて運んでいきます。

LDL(悪玉)コレステロール

LDLは低比重のリポたんぱく質のことで、この中に存在するコレステロールが「LDLコレステロール」です。
LDLコレステロールは悪玉コレステロールとも呼ばれ、血管に入り込むことで血管を硬くする作用があります。
そのため、LDLコレステロールが血中に多く存在すると、動脈硬化の原因になるのです。

 

参考ページ
LDLコレストロールと動脈硬化の関係

 

HDL(善玉)コレステロール

それに対してHDLは高比重のリポたんぱく質のことです。
この中に存在するコレステロールが「HDLコレステロール」、つまり善玉コレステロールです。
HDLコレステロールはLDLコレステロールとは真逆で、動脈硬化を抑制する作用があります。
というのも、HDLコレステロールは動脈硬化が発生している細胞からコレステロールを引き抜き、肝臓に運ぶ働きがあるからです。
肝臓に運ばれたものは胆汁として使用され、のちに便で排出されます。

 

LDLコレステロールとHDLコレステロールはどちらもコレステロールの一種ではありますが、上記からわかるように後者は前者の悪い面を改善する関係にあります。

 

LDL(悪玉)コレステロールとHDL(善玉)コレステロールの比率

血中に含まれるLDLコレステロールとHDLコレステロールの比率を示したものを「LH比」といいます。
計算式は簡単で、「LDLコレステロール÷HDLコレステロール」で算出することができます。
これで算出された数値が高ければ高いほど動脈硬化や心筋梗塞のリスクが高くなると考えられています。

 

LH比に注目

近年、LH比は注目を集めていますが、それはなぜかというと、コレステロールは量よりも比率で見た方がいいという考え方が出てきているからです。
たとえば、LDLコレステロールの値が低くかったり、またHDLコレステロールの値が高かったりしても、動脈硬化や心筋梗塞になるケースが研究で判明してきています。

 

つまり、LDLコレステロールの値が低くてもそれ以上にHDLコレステロールの値が低かったり、HDLコレステロールの値が高くてもそれ以上にLDLコレステロールの値が高かったりすれば、結局血管に悪影響が及ぶ可能性があるということです。

 

ただし、LH比は全面的に認められた指標というわけではなく、そのデータの有効性に懐疑的な専門家も存在するので、参考程度に考えておくのがいいでしょう。

 

関連ページ
総コレステロールの数値(基準値)