LDL 悪玉 コレステロール 下げる 成分

LDL(悪玉)コレステロールを下げるために摂りたい成分

LDL(悪玉)コレステロールを下げるために摂りたい成分記事一覧

DHA・EPA・DPA

DHA・EPA・DPAとコレステロールの関係DHA・EPA・DPAは人間が食事から摂取しなくてはならない必須脂肪酸に分類されます。DHAはドコサヘキサエン酸、EPAはエイコサペンタエン酸、DPAはドコサペンタエン酸を意味しています。DHA・EPA・DPAはいずれもコレステロールに良い作用を及ぼすこと...

≫続きを読む

クリルオイル

クリルオイルとコレステロールの関係クリルオイルとは、オキアミと呼ばれるプランクトンから採取される油のことを指します。オキアミは見た目がエビに近く、南極の海で植物プランクトンを食べながら生活している動物プランクトンです。クリルオイルとコレステロールの関係ですが、それにはクリルオイルに含まれるDHAとE...

≫続きを読む

α-リノレン酸

α-リノレン酸とコレステロールの関係α-リノレン酸は人間の体内に摂取されると、その10〜15%程度がDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)に変化します。α-リノレン酸由来ではありますが、それらのDHAやEPAは青魚に含まれるものと同様の作用を人間の体に及ぼします。その作用のひと...

≫続きを読む

オレイン酸

オレイン酸とコレステロールの関係オレイン酸は一価不飽和脂肪酸に分類されるものです。多価不飽和脂肪酸と比べるとコレステロールを減らす作用は弱まりますが、それでもLDLコレステロールの増加を防ぐ脂肪酸として重宝されています。またすべてのコレステロールを減らしてしまった場合、HDLコレステロールも減ること...

≫続きを読む

レシチン

レシチンとコレステロールの関係レシチンは別名ホスファチジルコリンというもので、リン脂質という脂質に分類されます。リン脂質は普通の脂質と異なり、エネルギーとして使われるだけでなく、体のさまざまな機能に役立っています。レシチンには乳化作用があります。乳化作用というのは、界面張力を下げることにより、本来交...

≫続きを読む

アリシン

アリシンとコレステロールの関係アリシンは抗酸化作用の強いにんにく特有の成分です。LDLコレステロールを酸化させる活性酸素を取り除くことにより、酸化LDLコレステロールの発生の抑制が期待できます。血中LDLコレステロール値が増えるとなぜ悪いかというと、LDLコレステロールが酸化しやすくなるからです。酸...

≫続きを読む

イソフラボン

イソフラボンとコレステロールの関係イソフラボンには抗酸化作用があります。この作用は物質の酸化を抑えられるので、LDLコレステロールの酸化対策になります。それからイソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをすることがわかっています。エストロゲンは特に更年期に入った女性が著しく減少する傾向に...

≫続きを読む

ナットウキナーゼ

ナットウキナーゼとコレステロールの関係ナットウキナーゼは腸内の善玉菌を増加させて悪玉菌を減少させる作用があります。これによって腸内環境が整えられるので、便によるコレステロール排出がスムーズになります。コレステロールは食事から摂取したものでも、胆汁酸として使われたものでも最終的に便になって体外へ排出さ...

≫続きを読む

水溶性食物繊維

水溶性食物繊維とコレステロールの関係胆汁は十二指腸に分泌され、脂質を乳化させます。脂質を乳化させると脂質を含む食べ物の吸収が容易になるからです。胆汁には胆汁酸が含まれています。胆汁酸は水溶性なので、コレステロールを包みこんだ後、一緒に腸から吸収され、生成された肝臓へ戻る性質があります。この時、食事で...

≫続きを読む

スルフォラファン(ブロッコリースプラウト)

スルフォラファン(ブロッコリースプラウト)とコレステロールの関係スルフォラファンはファイトケミカル(フィトケミカル)と呼ばれる物質です。ファイトケミカルは植物に含まれる天然の化合物で、人間の体に必須というわけではないものの、健康増進に関わっている可能性のある成分として注目されています。コレステロール...

≫続きを読む

クロロフィル

クロロフィルとコレステロールの関係クロロフィルは緑の血液とも呼ばれるもので、人間の血液に含まれるヘモグロビンに近い構造をしており、造血作用を持っていると考えられている物質です。植物の葉は基本的に緑色ですが、その緑色のもとである葉緑素こそがクロロフィルとなっています。クロロフィルは摂取することでLDL...

≫続きを読む

エリタデニン

エリタデニンとコレステロールの関係エリタデニンはLDLコレステロールの低下に関わっています。コレステロールを包んでいる組織に働きかけ、余分なコレステロールが排出されるようにします。すると排出した分だけ血中LDLコレステロール値が下がることになります。血中LDLコレステロール値が下がると、血液がドロド...

≫続きを読む

ケルセチン

ケルセチンとコレステロールの関係ケルセチンはさまざまな植物に含まれる黄色のもととなるフラボノイド成分です。フラボノイドは自然界に存在する有機化合物で、ポリフェノールの一種でもあります。ケルセチンはビタミンに近い作用を持つことで知られています。ケルセチンは抗酸化作用を持っています。抗酸化作用とは、体内...

≫続きを読む

リコピン

リコピンとコレステロールの関係リコピンは赤色のもととなる自然界に存在する色素であり、カロテノイド(天然色素の総称)に分類されます。カロテノイドはカロテン類、キサントフィル類に分かれますが、リコピンはカロテン類です。非常に抗酸化作用が高く、他のカロテン類と比べても群を抜くほどの効力といわれています。抗...

≫続きを読む

タウリン

タウリンとコレステロールの関係タウリンは人間の体のさまざまな組織に含まれている成分です。ホメオスタシスという体に正常な状態を取り戻させる作用により、幅広い健康効果を期待することができます。たとえば、タウリンは3つの働きによって肝臓の機能を促します。胆汁酸の分泌を活発にする1つ目は胆汁酸の分泌を活発に...

≫続きを読む

キトサン

キトサンとコレステロールの関係キトサンは動物性食物繊維に分類される成分です。植物性食物繊維と同じく、人間が消化・吸収できずに便として排出される性質があります。キトサンはLDLコレステロールを減らすのに役立ちます。それには肝臓で生成される胆汁酸が関わっています。胆汁酸は血中のコレステロールを回収して作...

≫続きを読む

乳酸菌

乳酸菌とコレステロールの関係乳酸菌は糖質を使って乳酸を発生させる菌の総称です。乳酸菌は人間の体内に入ると善玉菌を増やしたり免疫機能を向上させたりすることによって、病気や老化の防止など、幅広い効果が期待できます。それから乳酸菌は食物繊維のように腸の中に分泌された胆汁酸とくっつく性質があります。胆汁酸と...

≫続きを読む

サポニン

サポニンとコレステロールの関係サポニンはサポゲニンと糖が結合してできた配糖体のことです。幅広い植物に含まれており、水に混ぜると溶けて石鹸のように泡立つことから、洗剤に近い作用を持っていることがわかっています。実際に大昔の日本人はサポニンを石鹸代わりに使っていたという話もあります。サポニンは肥満を予防...

≫続きを読む

アスタキサンチン

アスタキサンチンとコレステロールの関係アスタキサンチンはトマトに含まれるリコピンやニンジンに含まれるβ-カロテンと同様にカロテノイドに分類される色素物質です。アスタキサンチンを持っている生物は鮮やかな赤色を呈しますが、これはただ見た目を良くすることが目的ではなく、自然の過酷な環境によるダメージから身...

≫続きを読む

セサミン

セサミンとコレステロールの関係セサミンは植物に含まれる化合物群です。日本や韓国、台湾といったアジアの国々で注目されている成分で、さまざまな健康効果があると考えられています。その効果についてはまだ研究途中のものも多いですが、副作用はないので、気軽に摂取することができます。セサミンとコレステロールの関係...

≫続きを読む