イソフラボン

イソフラボン

 

イソフラボンとコレステロールの関係

イソフラボンには抗酸化作用があります。
この作用は物質の酸化を抑えられるので、LDLコレステロールの酸化対策になります。

 

それからイソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをすることがわかっています。
エストロゲンは特に更年期に入った女性が著しく減少する傾向にあり、そういった人ほど血圧とコレステロール値が高くなりやすいです。
そのため、エストロゲンが減少している人はイソフラボンでLDLコレステロールを減らせる可能性があります。

 

またコレステロールは食事から摂取すると十二指腸に分泌された胆汁の成分である胆汁酸と結合し、吸収されやすい物質になります。
その物質は小腸から体内に吸収され、肝臓に運搬されます。
その後、コレステロールは肝臓で新たな胆汁酸の原料にされたり、LDLコレステロールとして血液から全身に運搬されたりします。
血液中に含まれるLDLコレステロールが多いとLDLコレステロール値が高くなります。

 

イソフラボンといえば大豆ですが、大豆に含まれるたんぱく質は胆汁酸と結合する性質があります。
そのため、コレステロールと結合する胆汁酸を少なくし、イソフラボンとともにコレステロール吸収を抑えることが期待できるのです。

イソフラボンが多く含まれる食べ物

イソフラボンが多く含まれる食べ物はもちろん大豆です。
ただし、大豆をそのまま食べなければならないわけではなく、大豆製品でも構いません。
特にイソフラボンが多いのは納豆です。
納豆は大豆を納豆菌で発酵させたものですが、和食との相性が抜群の食べ物です。
ただ独特のにおいと粘りがあるので、苦手な人もいるかもしれません。その場合は別の大豆製品を選ぶのがいいでしょう。

 

納豆以外では豆腐や油揚げ、きなこがあげられます。
豆腐はイソフラボン含有量が多い上にさまざまな料理に使えるので、食べやすい食品です。
湯豆腐にしても焼き豆腐にしてもそのまま冷ややっこにしてもおいしく食べられます。

 

それから忘れてはならないのが味噌です。
味噌はあまり大量に摂るものではありませんし、他の大豆製品と比べるとイソフラボンの含有量は低めですが、その代わり調味料としてどのような料理にでも加えることができます。
そのため、味噌を活用すれば安定したイソフラボン摂取が可能です。
和食では特に味噌汁が有名ですが、味噌汁は昔から健康に良い食品として日本人に親しまれています。

 

関連ページ
大豆
納豆

 

おすすめ商品
ハイ!調製豆乳

イソフラボン関連ページ

DHA・EPA・DPA
DHA・EPA・DPA
クリルオイル
クリルオイル
α-リノレン酸
α-リノレン酸
オレイン酸
オレイン酸
レシチン
レシチン
アリシン
アリシン
ナットウキナーゼ
ナットウキナーゼ
水溶性食物繊維
水溶性食物繊維
スルフォラファン(ブロッコリースプラウト)
スルフォラファン(ブロッコリースプラウト)
クロロフィル
クロロフィル
エリタデニン
エリタデニン
ケルセチン
ケルセチン
リコピン
リコピン
タウリン
タウリン
キトサン
キトサン
乳酸菌
乳酸菌
サポニン
サポニン
アスタキサンチン
アスタキサンチン
セサミン
セサミン