アリシン

アリシン

 

アリシンとコレステロールの関係

アリシンは抗酸化作用の強いにんにく特有の成分です。
LDLコレステロールを酸化させる活性酸素を取り除くことにより、酸化LDLコレステロールの発生の抑制が期待できます。

 

血中LDLコレステロール値が増えるとなぜ悪いかというと、LDLコレステロールが酸化しやすくなるからです。
酸化LDLコレステロールは血管の壁に蓄積することで血管を厚くしたり、硬くしたりします。
すると血管にこぶができたり、血流が阻害されたりするので、血中LDLコレステロール値は低い方がいいですし、なおかつ酸化しにくい環境の方がいいのです。

 

それからアリシンは脂質と結合することで脂質アリシンになります。
この脂質アリシンは通常のアリシンと同様、活性酸素を取り除くことに加え、コレステロールや中性脂肪などを体外へ排出する働きがあると考えられています。
この働きはビタミンEと同じものだという見解があります。

アリシンが多く含まれる食べ物

アリシンが多く含まれる食べ物はもちろんにんにくです。
にんにくには独特のにおいがありますが、このにおいを発しているのがアリシンに他なりません。
ちなみににんにくにはオリゴ糖も含まれています。
オリゴ糖は腸内環境を改善する働きがあるので、腸内でのコレステロール排出を促してくれます。
そのため、にんにくを食べればアリシンとオリゴ糖の相乗効果によるコレステロール低下が期待できるのです。

 

上記の通り、アリシンは独特のにおいを発する成分なので、においにくせのある食べ物にアリシンが含まれています。
そのため、にんにく以外では玉ねぎやニラ、らっきょうなどがあげられます。
玉ねぎはにおいもそこまで強くないですし、料理に使いやすい食材なので、アリシン摂取に重宝します。
ただし、やはり含有量の多さでいえばにんにくがトップクラスです。

 

アリシンは脂質以外にもビタミンB1やビタミンB6と結合することで別の物質に姿を変える性質があります。
アリシンとビタミンB1が結合するとよりアリシンの作用が強く働きますし、アリシンとビタミンB6が結合するとインシュリンに似た働きをします。
そのため、アリシンとビタミンB群を含む食べ物を積極的に食べることで、さまざまな健康効果が期待できるのです。

 

アリシンは細胞を壊せば壊すほど発生するので、アリシンを含む食べ物を食べる時は刻んだり、つぶしたり、すりおろしたりするといいでしょう。
ただし、アリシンを摂取しすぎると赤血球が破壊される副作用が起こる可能性があります。

 

にんにくの臭いが気になる、苦手という方はサプリメントで摂取するのも良いのではないでしょうか。

 

関連ページ
にんにく

アリシン関連ページ

DHA・EPA・DPA
DHA・EPA・DPA
クリルオイル
クリルオイル
α-リノレン酸
α-リノレン酸
オレイン酸
オレイン酸
レシチン
レシチン
イソフラボン
イソフラボン
ナットウキナーゼ
ナットウキナーゼ
水溶性食物繊維
水溶性食物繊維
スルフォラファン(ブロッコリースプラウト)
スルフォラファン(ブロッコリースプラウト)
クロロフィル
クロロフィル
エリタデニン
エリタデニン
ケルセチン
ケルセチン
リコピン
リコピン
タウリン
タウリン
キトサン
キトサン
乳酸菌
乳酸菌
サポニン
サポニン
アスタキサンチン
アスタキサンチン
セサミン
セサミン