アスタキサンチン

アスタキサンチン

 

アスタキサンチンとコレステロールの関係

アスタキサンチンはトマトに含まれるリコピンやニンジンに含まれるβ-カロテンと同様にカロテノイドに分類される色素物質です。
アスタキサンチンを持っている生物は鮮やかな赤色を呈しますが、これはただ見た目を良くすることが目的ではなく、自然の過酷な環境によるダメージから身を守るために蓄えています。
そのため、アスタキサンチンを人間が摂取することで、自然から身を守る力にあやかることができるのです。

 

アスタキサンチンは人間の細胞の老化を防ぐ効果があると考えられています。
細胞の老化を防ぐということは血管の老化も防げるということです。
動脈硬化が起こるのは血中の脂質量のバランスが崩れるからで、LDLコレステロールが活性酸素で酸化し、血管の内壁に侵入することで血管を老化させます。
アスタキサンチンには強い抗酸化作用があるので、LDLコレステロールの酸化を防ぎます

 

それからアスタキサンチンはLDLコレステロールを除去する働きのあるHDLコレステロールを増加させるとも考えられています。
この効果のメカニズムはよくわかっていませんが、動物実験でアスタキサンチンを投与してHDLコレステロールが増加したということが報告されています。

アスタキサンチンが多く含まれる食べ物

アスタキサンチンを多く含むのは甲殻類や魚類です。
たとえば甲殻類ではカニやエビがあげられます。
カニやエビの場合、普段はアスタキサンチンがたんぱく質と結合しており、アスタキサンチン特有の赤さが出ていないこともありますが、熱を与えるとたんぱく質と分離します。
カニやエビを加熱すると赤みが増すのはこのためです。

 

魚類ではサケやタイ、イクラなどがあげられます。
サケは最初に川で生まれ、海で過ごした後、再び産卵時に川に戻ります。
川と海という異なる環境を行き来することから、サケは非常に強いストレスにさらされます。
そのストレスから身を守るためにサケはアスタキサンチンを含む生物(植物プランクトン)を食べてアスタキサンチンを筋肉に蓄えるのです。
またサケが生んだ卵は浅瀬で太陽を浴びますが、アスタキサンチンは紫外線ダメージから卵を守ってくれます。

 

サケの独特な赤さはアスタキサンチンによるものなので、養殖時はアスタキサンチンを含む餌を与えて身が赤くなるように調整されます。
またマグロも赤い身が特徴の魚ですが、加熱するとむしろ白くなるので、アスタキサンチンを含んでいるわけではありません。

 

関連ページ
甲殻類(エビ・カニ)

アスタキサンチン関連ページ

DHA・EPA・DPA
DHA・EPA・DPA
クリルオイル
クリルオイル
α-リノレン酸
α-リノレン酸
オレイン酸
オレイン酸
レシチン
レシチン
アリシン
アリシン
イソフラボン
イソフラボン
ナットウキナーゼ
ナットウキナーゼ
水溶性食物繊維
水溶性食物繊維
スルフォラファン(ブロッコリースプラウト)
スルフォラファン(ブロッコリースプラウト)
クロロフィル
クロロフィル
エリタデニン
エリタデニン
ケルセチン
ケルセチン
リコピン
リコピン
タウリン
タウリン
キトサン
キトサン
乳酸菌
乳酸菌
サポニン
サポニン
セサミン
セサミン