DHA・EPA・DPA

DHA・EPA・DPA

 

DHA・EPA・DPAとコレステロールの関係

DHA・EPA・DPAは人間が食事から摂取しなくてはならない必須脂肪酸に分類されます。DHAはドコサヘキサエン酸、EPAはエイコサペンタエン酸、DPAはドコサペンタエン酸を意味しています。

 

DHA・EPA・DPAはいずれもコレステロールに良い作用を及ぼすことで知られています。
たとえば、細胞膜に入り込むことでその細胞の柔軟性・弾力性を高める作用があります。
これにより、血管の柔軟性・弾力性がコレステロールによって低下させられるのを防ぎ、動脈硬化対策になるのです。

 

この作用は中性脂肪やLDLコレステロールの抑制にも関わっています。
DHA・EPA・DPAを摂取すると、肝臓によるコレステロールの合成が抑えられます。
また肝機能が高まって脂質の代謝機能が促進されることにより、コレステロールや中性脂肪の代謝が活発に行われます。
その結果、体内のLDLコレステロール量が減るのです。

 

DHA・EPA・DPAの作用は共通する点も多いですが、完全に同じというわけではありません。
特にDPAはDHAとEPAを大きく超えるコレステロール抑制作用があるともいわれています。

DHA・EPA・DPAが多く含まれる食べ物

基本的にDHA・EPAが多く含まれるのはです。
たとえば、DHAの場合、マグロやブリ、サバなどに多く含まれています。
特にマグロは他の魚と比べてもトップクラスのDHA含有量なので、積極的に食べることで効率的に摂取することができます。
他にもサンマやウナギなど、日本人の食卓に上がりやすい魚が多いです。

 

EPAはイワシやマグロ、サバなどに多く含まれています。
DHAとほとんど同じですが、違うのはマグロの含有量が突出しているわけではなく、色々な魚にまんべんなく含まれているという点です。

 

これらの魚の特徴は厳しい寒さと潮流の中でも耐えられるパワーを持っていることです。
無駄な脂肪がなく、筋肉が引き締まっており、DHAやEPAといった優秀なエネルギーを豊富に蓄えているからこそ、そういった過酷な環境で生きていけるのです。

 

それからDPAですが、これはDHAやEPAとは違って普通の魚には微量しか含まれていません。
多く含まれるのは海に生息する哺乳類、つまり、クジラやアザラシ、オットセイなどです。
魚では唯一マンボウに多く含まれていますが、いずれにせよ気軽に食卓に上げられる食材とはいえません。

 

関連ページ
青魚

DHA・EPA・DPA関連ページ

クリルオイル
クリルオイル
α-リノレン酸
α-リノレン酸
オレイン酸
オレイン酸
レシチン
レシチン
アリシン
アリシン
イソフラボン
イソフラボン
ナットウキナーゼ
ナットウキナーゼ
水溶性食物繊維
水溶性食物繊維
スルフォラファン(ブロッコリースプラウト)
スルフォラファン(ブロッコリースプラウト)
クロロフィル
クロロフィル
エリタデニン
エリタデニン
ケルセチン
ケルセチン
リコピン
リコピン
タウリン
タウリン
キトサン
キトサン
乳酸菌
乳酸菌
サポニン
サポニン
アスタキサンチン
アスタキサンチン
セサミン
セサミン