クリルオイル

クリルオイル

 

クリルオイルとコレステロールの関係

クリルオイルとは、オキアミと呼ばれるプランクトンから採取される油のことを指します。
オキアミは見た目がエビに近く、南極の海で植物プランクトンを食べながら生活している動物プランクトンです。

 

クリルオイルとコレステロールの関係ですが、それにはクリルオイルに含まれるDHAとEPAが関わっています。
DHAとEPAはコレステロールや中性脂肪を抑制する作用があります。
コレステロールが抑制されれば当然LDLコレステロールは減りますし、中性脂肪はLDLコレステロールを増やす原因物質なので、中性脂肪が抑制されることでもLDLコレステロールは減る可能性があります。

 

それからDHAとEPAには血管の内壁に入り込み、細胞膜を柔軟にする作用があります。
酸化LDLコレステロールは血管の内壁に入り込み、血管をかたくする性質を持つので、その対抗策になります。
また酸化LDLコレステロールは血小板を凝集させて血を固まりやすくしますが、DHAとEPAはその抑制も行います。

 

グリーンランドで生活するイヌイットは寒い環境のため、野菜をあまり食べず、アザラシやクジラなどを主食にしています。
普通に考えれば偏った食生活ですが、イヌイットの血中コレステロールは実際には低いということが研究でわかりました。

 

これはアザラシやクジラなどに含まれるDHAやEPAのおかげではないかと見られています。

魚に含まれるDHA・EPAとクリルオイルDHA・EPAの違い

魚のDHA・EPAは水に溶けないので一度分解してから吸収されます。
しかし、クリルオイルはリン脂質型で水に溶ける油なので効率的に吸収されるというのがあります。
そしてクリルオイルは赤色なのですがこの赤色はアスタキサンチンの色でアスタキサンチンは強力な抗酸化作用があり、酸化しやすいDHA・EPAの酸化を防いでくれます

 

クリルオイルが多く含まれる食べ物

クリルオイルが多く含まれる食べ物は当然ながら「オキアミ」のみです。
日本ではナンキョクオキアミやツノナシオキアミといったオキアミが流通しています。
ただし、劣化が早く、くせがあるため、食品に使われているのは魚肉ソーセージやキムチ程度で、魚の餌用に販売されているものが大半です。
魚の餌用に販売されているオキアミは人間が食べることを想定していないので、安全性の面からいって食べない方が無難です。

 

そのため、クリルオイルを摂取するにはサプリメントを利用するのが一般的です。サプリメントであれば業者がオキアミから抽出したクリルオイルをカプセルに詰めてくれているので、わざわざオキアミを手に入れなくても、簡単に摂取できます。
クリルオイルは健康・美容業界で注目されている成分なので、配合しているサプリメントは数多くあります。

 

ただクリルオイルの有効成分はDHAやEPAなので、クリルオイルにこだわらず別の食べ物からDHAやEPAを摂取する方法もあります。

 

関連ページ
青魚
DHA・EPA・DPA
アスタキサンチン

クリルオイル関連ページ

DHA・EPA・DPA
DHA・EPA・DPA
α-リノレン酸
α-リノレン酸
オレイン酸
オレイン酸
レシチン
レシチン
アリシン
アリシン
イソフラボン
イソフラボン
ナットウキナーゼ
ナットウキナーゼ
水溶性食物繊維
水溶性食物繊維
スルフォラファン(ブロッコリースプラウト)
スルフォラファン(ブロッコリースプラウト)
クロロフィル
クロロフィル
エリタデニン
エリタデニン
ケルセチン
ケルセチン
リコピン
リコピン
タウリン
タウリン
キトサン
キトサン
乳酸菌
乳酸菌
サポニン
サポニン
アスタキサンチン
アスタキサンチン
セサミン
セサミン