レシチン

レシチン

 

レシチンとコレステロールの関係

レシチンは別名ホスファチジルコリンというもので、リン脂質という脂質に分類されます。
リン脂質は普通の脂質と異なり、エネルギーとして使われるだけでなく、体のさまざまな機能に役立っています。

 

レシチンには乳化作用があります。
乳化作用というのは、界面張力を下げることにより、本来交わらないはずの水と油が混ざる作用のことです。
身近な例でいえば、牛乳は乳脂肪と水がたんぱく質の乳化作用によって混ざっています。

 

レシチンはこのように水と油を混ぜることから、血管の内壁についたコレステロールを落として再び血液に流れ込ませることができます。
血管の内壁についたコレステロールが血管内部に侵入して蓄積すると、血管が硬くなり、動脈硬化に繋がるので、動脈硬化予防が可能です。

 

またコレステロールはたんぱく質にくるまれて血中を運搬されていきますが、このコレステロールとたんぱく質の仲立ちをしているのがレシチンです。
そのため、レシチンはコレステロールとたんぱく質が結合してできるリボたんぱくの働きを高め、HDLコレステロールの運搬やLDLコレステロールの排出を促してくれます。

レシチンが多く含まれる食べ物

レシチンが多く含まれるのは卵黄、大豆です。
卵黄には神経系に作用する卵黄レシチンが含まれています。
ただし、卵黄はコレステロール含有量も多いので、コレステロール対策でレシチンを摂るために卵黄をたくさん食べるのは避けた方がいいかもしれません。

 

大豆には血液に長く作用する大豆レシチンが含まれています。
血管や血液に良い影響を及ぼすので、動脈硬化や心疾患、脳疾患への効果が期待できます。
また大豆には大豆サポニンが含まれています。
サポニンはレシチンと同様、水と油の仲立ちができるので、LDLコレステロールの低下が期待できます。
ちなみにレシチンは大豆そのものでなくても、納豆や豆腐などの加工食品から摂取することもできます

 

卵黄、大豆以外では穀類、植物油、魚類などがレシチンが多く含まれる食べ物にあげられます。
どれも日本で一般的に食べられているものなので、意識せずとも普段から摂取している人も多いでしょう。

 

上記の中で最も健康に役立つと考えられるのは大豆です。
というのも、大豆レシチンや大豆サポニンもそうですが、それら以外にも良質なたんぱく質やアミノ酸、イソフラボンなど、さまざまな健康にいいといわれている成分が含まれているからです。

 

関連ページ
大豆
納豆

 

おすすめ商品
ハイ!調製豆乳

レシチン関連ページ

DHA・EPA・DPA
DHA・EPA・DPA
クリルオイル
クリルオイル
α-リノレン酸
α-リノレン酸
オレイン酸
オレイン酸
アリシン
アリシン
イソフラボン
イソフラボン
ナットウキナーゼ
ナットウキナーゼ
水溶性食物繊維
水溶性食物繊維
スルフォラファン(ブロッコリースプラウト)
スルフォラファン(ブロッコリースプラウト)
クロロフィル
クロロフィル
エリタデニン
エリタデニン
ケルセチン
ケルセチン
リコピン
リコピン
タウリン
タウリン
キトサン
キトサン
乳酸菌
乳酸菌
サポニン
サポニン
アスタキサンチン
アスタキサンチン
セサミン
セサミン