オレイン酸

オレイン酸

 

オレイン酸とコレステロールの関係

オレイン酸は一価不飽和脂肪酸に分類されるものです。
多価不飽和脂肪酸と比べるとコレステロールを減らす作用は弱まりますが、それでもLDLコレステロールの増加を防ぐ脂肪酸として重宝されています。
またすべてのコレステロールを減らしてしまった場合、HDLコレステロールも減ることになりますが、オレイン酸はHDLコレステロールについては減らさないことがわかってきています。

 

参考ページ
脂肪酸の種類と特徴

 

それからオレイン酸は酸化を防ぐ効果があると考えられており、体内の過酸化物質の発生を抑えるのに役立ちます。
過酸化物質というのは酸化した物質のことですが、たとえば酸化LDLコレステロールなども当てはまります。
LDLコレステロールが人間の健康に悪いのは酸化することによって動脈硬化を引き起こすからなので、酸化を防ぐことはLDLコレステロールを増やさないことと同じくらい大切です。

 

オレイン酸は上記のように(HDLコレステロールは減らさずに)LDLコレステロールの増加・酸化を防ぐので、コレステロールと非常に密接に関わっています。そのため、一定量を欠かさず摂取することで健康的な生活の実現に役立つはずです。

オレイン酸が多く含まれる食べ物

代表的なものでいえば「オリーブオイル」があげられます。
オリーブオイルは一般的に健康に良いものとして知られていますが、オレイン酸の存在がその根拠にされることが多いです。
たとえば、地中海周辺の人々は食べ物やお酒を多量に摂取する傾向があります。
しかし、冠動脈の病気を発症することが少なく、それは地中海周辺の人々はオリーブオイルも多く摂取しているからだといわれています。

 

オリーブオイルはオリーブの果実から抽出される油のことですが、他の植物の果実や種子、つまりナッツ類にもオレイン酸が多く含まれます。
具体的にはアーモンド、マカダミアナッツ、カシューナッツなどがあげられます。

 

オレイン酸はα-リノレン酸と違って酸化しにくい性質があります。そのため、調理時に加熱しても問題ありません。
フライパンに敷く油をオリーブオイルにしたり、アヒージョでオリーブオイルを使ったりするのはこのためです。
もちろん生のまま飲んでも構いません(味が飲みにくいかもしれませんが)。

 

他の食べ物では鶏肉、豚肉、牛肉といった肉類や大豆製品などにオレイン酸は含まれています。
しかし、これらの食べ物よりも一部の植物油やナッツ類の方がオレイン酸含有量が多いです。

 

関連ページ
ナッツ類

 

おすすめ商品
オリーブジュースカプセル

オレイン酸関連ページ

DHA・EPA・DPA
DHA・EPA・DPA
クリルオイル
クリルオイル
α-リノレン酸
α-リノレン酸
レシチン
レシチン
アリシン
アリシン
イソフラボン
イソフラボン
ナットウキナーゼ
ナットウキナーゼ
水溶性食物繊維
水溶性食物繊維
スルフォラファン(ブロッコリースプラウト)
スルフォラファン(ブロッコリースプラウト)
クロロフィル
クロロフィル
エリタデニン
エリタデニン
ケルセチン
ケルセチン
リコピン
リコピン
タウリン
タウリン
キトサン
キトサン
乳酸菌
乳酸菌
サポニン
サポニン
アスタキサンチン
アスタキサンチン
セサミン
セサミン