水溶性食物繊維

水溶性食物繊維

 

水溶性食物繊維とコレステロールの関係

胆汁は十二指腸に分泌され、脂質を乳化させます。
脂質を乳化させると脂質を含む食べ物の吸収が容易になるからです。
胆汁には胆汁酸が含まれています。
胆汁酸は水溶性なので、コレステロールを包みこんだ後、一緒に腸から吸収され、生成された肝臓へ戻る性質があります。

 

この時、食事で水溶性食物繊維を摂取していると、十二指腸に水溶性食物繊維が存在することになります。
水溶性食物繊維はコレステロールを包んだ胆汁酸にくっつく性質があり、くっついた後、腸から吸収されずに便になります。
つまり、水溶性食物繊維を摂取すれば十二指腸に分泌された胆汁酸を体外へ排出できるということです。

 

なぜ水溶性食物繊維は胆汁酸にくっつくかというと、水溶性食物繊維は保水力が高く、十二指腸の中にある水分を取り込むからです。
同じく水溶性である胆汁酸は水分と一緒に水溶性食物繊維とくっつくことになります。

 

胆汁酸の吸収が不可能になると吸収できなかった分の胆汁酸を肝臓が生成して補おうとします。
胆汁酸の原料はコレステロールなので、生成時に血液中に存在するコレステロールを使います。
すると血中コレステロールの値は自然と減るわけです。

 

以上のことから、水溶性食物繊維は食事で摂取したコレステロールを包んだ胆汁酸を排出し、なおかつ胆汁酸の生成を促すことでもともと体内に存在するコレステロール量を減らすという2つの効果が期待できます。

水溶性食物繊維が多く含まれる食べ物

水溶性食物繊維が多く含まれる食べ物は幅広く存在します。
代表的なのは野菜、果物、海藻類です。
たとえば野菜ではしゅんぎくやゴボウ、アボカド、果物ではバナナやリンゴ、キウイ、海藻類ではワカメやひじき、昆布などがあげられます。

 

それから水溶性食物繊維はネバネバのある食べ物に多く含まれる特徴があります。
たとえば野菜ではオクラ、海藻類ではもずく、さらに野菜でも果物でも海藻類でもない納豆があげられます。
豆類は通常水溶性食物繊維はそこまで含まれないことが多いのですが、納豆ときなこに関しては豊富に含まれます。

 

食物繊維には水溶性食物繊維以外に不溶性食物繊維という種類があります。
不溶性食物繊維は水溶性食物繊維と違ってコレステロールに作用しない成分なので、不溶性食物繊維を含む食べ物を食べてもあまり意味はありません。
特に野菜は不溶性食物繊維が主成分のものも多いので、注意する必要があります。

 

関連ページ
野菜

水溶性食物繊維関連ページ

DHA・EPA・DPA
DHA・EPA・DPA
クリルオイル
クリルオイル
α-リノレン酸
α-リノレン酸
オレイン酸
オレイン酸
レシチン
レシチン
アリシン
アリシン
イソフラボン
イソフラボン
ナットウキナーゼ
ナットウキナーゼ
スルフォラファン(ブロッコリースプラウト)
スルフォラファン(ブロッコリースプラウト)
クロロフィル
クロロフィル
エリタデニン
エリタデニン
ケルセチン
ケルセチン
リコピン
リコピン
タウリン
タウリン
キトサン
キトサン
乳酸菌
乳酸菌
サポニン
サポニン
アスタキサンチン
アスタキサンチン
セサミン
セサミン