スルフォラファン(ブロッコリースプラウト)

スルフォラファン(ブロッコリースプラウト)

 

スルフォラファン(ブロッコリースプラウト)とコレステロールの関係

スルフォラファンはファイトケミカル(フィトケミカル)と呼ばれる物質です。
ファイトケミカルは植物に含まれる天然の化合物で、人間の体に必須というわけではないものの、健康増進に関わっている可能性のある成分として注目されています。

 

コレステロールの関係についてですが、まずLDLコレステロールの酸化抑制が可能です。
スルフォラファンは細胞に酵素を生成することで、細胞を酸化させる原因である活性酸素を除去する作用があるので、LDLコレステロールが体内にあっても簡単に酸化することはありません。

 

それからスルフォラファンには内臓脂肪を抑制する作用があります。
これは動物実験で報告されているものであり、エネルギー消費を促したり、腸内環境を整えたりすることで、脂肪の蓄積が防げると考えられています。
内臓脂肪はLDLコレステロールを増やす中性脂肪に属するものなので、メタボを予防したい人はもちろん、LDLコレステロールを増やしたくない人にも有効です。

 

またスルフォラファンには肝機能を高める作用があります。
肝機能はコレステロールを生成したり、消費したりしてその量を制御する器官なので、肝機能が高まれば体内のLDLコレステロール量が過剰になることもありません。

スルフォラファン(ブロッコリースプラウト)が多く含まれる食べ物

スルフォラファンはブロッコリースプラウトと呼ばれることからもわかるように「ブロッコリー」に多く含まれています。
ブロッコリーは昭和頃まではあまり食べられておらず、似た食べ物であるカリフラワーの方が日本人に食べられていましたが、平成からは消費量が逆転しています。
実際、現在ではカリフラワーよりもブロッコリーの方が一般的に食卓に上るイメージです。
これはブロッコリーが健康に良いということがわかってきたからなのです。

 

ブロッコリーは幅広い調理法が可能な食べ物です。
茹でて食べるのもいいですし、生のままサラダにするのもいいでしょう。
ただし、スルフォラファンは熱に強い性質がありますが、スルフォラファンを作り出す酵素の方は熱に弱いので、確実にスルフォラファンを摂取したければ生で摂る方がいいかもしれません。
生でブロッコリーをおいしく食べるには新鮮なものを選ぶことが大切です。
そのままだと食べづらい時はスムージーにする方法もあります。
またスルフォラファン自体に摂取上限はありませんが、過剰摂取には気をつけましょう。

 

関連ページ
ブロッコリー

 

おすすめ商品
緑でサラナ

スルフォラファン(ブロッコリースプラウト)関連ページ

DHA・EPA・DPA
DHA・EPA・DPA
クリルオイル
クリルオイル
α-リノレン酸
α-リノレン酸
オレイン酸
オレイン酸
レシチン
レシチン
アリシン
アリシン
イソフラボン
イソフラボン
ナットウキナーゼ
ナットウキナーゼ
水溶性食物繊維
水溶性食物繊維
クロロフィル
クロロフィル
エリタデニン
エリタデニン
ケルセチン
ケルセチン
リコピン
リコピン
タウリン
タウリン
キトサン
キトサン
乳酸菌
乳酸菌
サポニン
サポニン
アスタキサンチン
アスタキサンチン
セサミン
セサミン