脂肪酸の種類と特徴

脂肪酸の種類と特徴

脂肪酸の種類と分類

脂肪酸は脂質の一種で、いわゆる油脂のことです。
炭素、水素、酸素という3つの原子でできており、鎖状になった炭素原子にカルボキシル基という原子群が繋がっています。

 

脂肪酸はその原子の数や構造などによって幅広い種類があります。
人間の健康に必要な脂肪酸で、なおかつ体内で生成できず、外部から摂取しなければならないものは「必須脂肪酸」という名前がついています。

 

脂肪酸は大きく分類すると、「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」の2つになります。
この2つの違いは炭素原子の結合が二重結合になっているかどうかです。
炭素は4本の手を持っており、それらを他の原子の手に繋げて結合することができます。
そして炭素原子がともに2本の手を使って結合していることを二重結合と呼びます。
二重結合のない脂肪酸が「飽和脂肪酸」二重結合のある脂肪酸が「不飽和脂肪酸」です。

 

それから不飽和脂肪酸の中にも分類があります。上記の炭素同士の二重結合が1つだけの不飽和脂肪酸を「一価不飽和脂肪酸」、炭素同士の二重結合が2つ以上存在する不飽和脂肪酸を「多価不飽和脂肪酸」と呼びます。

 

さらに多価不飽和脂肪酸の中にも分類があり、連続して結合する炭素の3つ目が二重結合になっている場合、「n-3(えぬまいなすさん)系脂肪酸」6つ目が二重結合になっている場合、「n−6(えぬまいなすろく)系脂肪酸」と呼びます。
ちなみにn-3系脂肪酸はω3(おめがさん)脂肪酸、n−6系脂肪酸はω6(おめがろく)脂肪酸という別名もあります

 

基本的に脂肪酸は構成する炭素の数が多ければ多いほど融点が高くなります。
そのため、炭素の数が非常に多い脂肪酸の場合、加熱しなければ固体を維持していることも珍しくありません。
炭素の数が同じ場合は二重結合の数が少なければ少ないほど融点が高くなります。

 

化学式は炭素はCで、水素はH、酸素はO、カルボキシル基はCOOHで表されます。
たとえば、酢に含まれる脂肪酸の酢酸はCH3-COOHとなり、炭素の数は2で、二重結合はありません。
乳製品に含まれる酪酸はCH3-(CH2)2-COOHとなり、炭素の数は4で、二重結合はありません。
酢酸や酪酸は二重結合がないので、どちらも飽和脂肪酸です。

 

脂肪酸はこれら以外にも肉や魚、卵、植物など、幅広いものに含まれて存在しています。
そのため、人間の食生活に欠かせないものといっていいでしょう。

飽和脂肪酸

飽和脂肪酸は肉類や乳製品によく含まれる脂肪酸です。
二重結合がない分、融点が高いことが多く、常温で固まっています。
それだけに飽和脂肪酸を摂取すると、体内で固まってしまうおそれがあります。
また摂りすぎると血中の中性脂肪やLDLコレステロールを増加させるといわれています。

 

飽和脂肪酸は血液内で固まって血液をドロドロにします。
血液がドロドロになると血行が悪くなり、酸素や栄養素を臓器や組織に届けにくくなります。
また血中の中性脂肪やLDLコレステロールが増えることで、これらが血管の内壁に侵入するようになります。
すると血管の内部が狭くなり、動脈硬化になります。
動脈硬化が進行すると血管が詰まりやすくなり、虚血性心疾患や脳卒中といった生活習慣病にかかるリスクが高まります。

 

飽和脂肪酸は鎖状の炭素の長さで種類が分かれます。
炭素の数が多いほど長さも増すので、鎖に使われている炭素の数が基準になります。

短鎖脂肪酸

炭素の数が6つ以下の飽和脂肪酸は「短鎖脂肪酸」といいます。
腸内で善玉菌が食物繊維やオリゴ糖を発酵させて生成されるもので、エネルギーに使われたり、脂質を合成したりする働きがあります。
乳製品に含まれる脂肪酸はこの短鎖脂肪酸に該当することが多いです。

中鎖脂肪酸

炭素の数が8〜12つの飽和脂肪酸は「中鎖脂肪酸」といいます。
乳や植物油に含まれる脂肪酸が該当することが多く、不要なエネルギーを体にため込まず、脂肪として蓄積しづらい特徴があります。

長鎖脂肪酸

炭素の数が12つ以上の飽和脂肪酸は「長鎖脂肪酸」といいます。
動物の肉や植物に含まれていることが多いです。

 

飽和脂肪酸は摂りすぎるとエネルギーが多すぎて肥満になったり、LDLコレステロールが増えて動脈硬化になったりしますが、逆に摂取量が不足しても問題になります。
たとえば飽和脂肪酸には脳出血を抑制する作用があります。
飽和脂肪酸が不足すると、血管の細胞がもろくなり、脳出血や脳卒中に繋がる可能性があると考えられているのです。
このことは他の喫煙やアルコールなどの要因も考慮してのことなので、注目すべき点です。

 

ただ現代の日本人は基本的に飽和脂肪酸を摂りすぎています。
なぜかというと、食の欧米化が進んだことで、飽和脂肪酸を多く含む食品をよく食べるようになったからです。
そのため、摂取量は十分なことが多いので、飽和脂肪酸を控えた方が健康に良いケースが増えています。
特に健康診断で血中の中性脂肪やLDLコレステロール値が高いと診断された人は意識してみるといいかもしれません。

不飽和脂肪酸

不飽和脂肪酸にはシス型とトランス型があります。
シス型は二重結合している2つの炭素にそれぞれ結合している水素が同じ側にあるものを指し、トランス型は水素が反対側にあるものを指します。
このうちトランス型は「トランス脂肪酸」といいます。

 

トランス脂肪酸には自然界に存在するものと、人工的に作られたものがあります。
自然界にある不飽和脂肪酸は基本的にシス型ですが、一部の動物の肉やその乳にはトランス脂肪酸が含まれているものもあります。
これは動物が反芻することによって胃の微生物がトランス脂肪酸を作り出すためと考えられています。

 

人工的に作られるトランス脂肪酸は水素添加で作られる油脂に含まれます。
水素添加というのは二重結合している炭素に水素を付加させて常温時に液体の油を固体の油脂に変化させる技術のことです。
具体的にはマーガリンやショートニング、ファットスプレッドなどが水素添加で作られる油脂にあげられます。

 

また植物油を精製して作る油がありますが、これにもトランス脂肪酸が若干含まれています。
というのも、脱臭目的で高温処理する際にトランス脂肪酸がシス型の不飽和脂肪酸から生まれるからです。

トランス脂肪酸

トランス脂肪酸は世界中の研究で健康に悪影響を及ぼすことが報告されています。
たとえば、LDLコレステロール値を上げ、HDLコレステロール値を下げる作用があります。
LDLコレステロール値とHDLコレステロール値はどちらが高ければ(低ければ)いいというわけではなく、両方のバランスがとれていることが最も大切です。
しかし、トランス脂肪酸はLDLコレステロール値とHDLコレステロール値の差を離してしまうので、摂取を控えた方がいいです。

シス型の不飽和脂肪酸

それに対してシス型の不飽和脂肪酸は健康に良い影響を及ぼすことがわかっています。
たとえば一価不飽和脂肪酸は、摂取する炭水化物や飽和脂肪酸と置き換えることで、LDLコレステロールを下げ、HDLコレステロールを上げる作用があると考えられています。
これはコレステロールに悪影響を及ぼす炭水化物や飽和脂肪酸の過剰摂取を抑えられるためです。

 

それから多価不飽和脂肪酸も同様に飽和脂肪酸と置き換えることで、LDLコレステロールを下げ、HDLコレステロールを上げる作用があると考えられています。
特にDHAやEPAに代表されるn-3系脂肪酸(オメガ3脂肪酸)は血管内のコレステロールを回収する働きがあるので、血中のコレステロールバランスを整えることができます。

 

参考サイト
■消費者庁Webサイト 脂質と脂肪酸のはなし
http://www.caa.go.jp/foods/pdf/100910_3.pdf
参考サイト 農林水産省Webサイト 脂肪酸
http://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/trans_fat/t_kihon/fatty_acid.html