牡蠣

牡蠣

 

牡蠣を食べてLDLコレステロール対策

 

牡蠣はイタボガキ科・ベッコウガキ科に分類される二枚貝です。
食用はもちろん、ヘルスケアや建築の分野でも用いられます。
特にLDLコレステロール対策に役立つとされるのは牡蠣に含まれる「タウリン」です。

 

タウリンは栄養ドリンクに使われることも多いように疲労回復成分として知られていますが、肝機能を高める作用も有名です。
肝機能というと普通はアルコールを思い浮かべますが、実はLDLコレステロールとも深く関わっています。

 

そもそもコレステロールは肝臓で生成されています。
食べ物から摂取して体内で使われる分もありますが、コレステロールの50%以上は肝臓で生成されたものが使われています
そのため、肝機能がしっかりしていればコレステロール生成を抑えることで、血中のコレステロール量を調整する働きが起こり、血中LDLコレステロール値はそこまで高まらないはずです。
このことから、タウリンはLDLコレステロールを下げる効果が期待できます。

 

また肝臓はコレステロールの生成だけでなく、消費や排出にも深く関わっています。
そのため、血中のコレステロール値は肝機能がどれだけ正常に働いているかを見る指標になるともいえます。

 

関連ページ
タウリン
コレステロールの役割と働き

牡蠣関連ページ

青魚
青魚
亜麻仁油
亜麻仁油
えごま油
えごま油
大豆
大豆
ナッツ類
ナッツ類
にんにく
にんにく
玉ねぎ
玉ねぎ
納豆
納豆
野菜
野菜
ブロッコリー
ブロッコリー
明日葉
明日葉
しいたけ
しいたけ
トマト
トマト
甲殻類(エビ・カニ)
甲殻類(エビ・カニ)
ヨーグルト
ヨーグルト
高麗人参・田七人参
高麗人参・田七人参
ゴマ
ゴマ
チアシード
チアシード
青汁
青汁