にんにく

にんにく

 

にんにくの成分がLDLコレステロールに良い

 

にんにくはヒガンバナ科の植物です。球根を食用として使うのが一般的で、日本でも香辛料としてさまざまな料理に入れられています。

 

にんにくに含まれるアリシンはLDLコレステロールに良い作用を及ぼすと考えられています。
アリシンはにんにくの独特なにおいの元となる成分で、抗酸化作用があります。
この抗酸化作用がLDLコレステロールの酸化を防ぐことで、酸化LDLコレステロールが血管の内壁に入り込むのを食い止めることが期待できるのです。

 

それからアリシンは血中のLDLコレステロールを減らし、血液をサラサラにする作用があると考えられています。
というのも、アリシンは脂質と結合すると脂質アリシンというものになるのですが、この脂質アリシンはLDLコレステロールや中性脂肪を取り除く働きがあるからです。
血液がサラサラになれば血栓ができることもないので、血管が塞がりにくくなります。

 

ただし、アリシンは刺激の強い成分であるため、過剰摂取すると貧血や胃腸の不調を引き起こします。
そのため、LDLコレステロールに良いからといって一回の食事でにんにくを食べ過ぎないように摂取量を守ってください。

 

関連ページ
アリシン

にんにく関連ページ

青魚
青魚
亜麻仁油
亜麻仁油
えごま油
えごま油
大豆
大豆
ナッツ類
ナッツ類
玉ねぎ
玉ねぎ
納豆
納豆
野菜
野菜
ブロッコリー
ブロッコリー
明日葉
明日葉
しいたけ
しいたけ
トマト
トマト
牡蠣
牡蠣
甲殻類(エビ・カニ)
甲殻類(エビ・カニ)
ヨーグルト
ヨーグルト
高麗人参・田七人参
高麗人参・田七人参
ゴマ
ゴマ
チアシード
チアシード
青汁
青汁を飲んでLDL(悪玉)コレステロールを下げることができるのか