食べ過ぎ・偏った食生活とLDLコレステロールの関係

食べ過ぎ・偏った食生活とLDLコレステロールの関係

食べ過ぎ・偏った食生活とLDLコレステロールの関係

食べ過ぎや偏った食生活は体内のLDLコレステロール量を増やす原因になります。
まず食べ過ぎについてですが、これは単純に食事から摂取するLDLコレステロール量が多すぎるのが問題です。
LDLコレステロールは吸収率の関係で摂れば摂るほど吸収されるわけではなく、食事に含まれている分のさらに一部しか吸収されません。
また体内のLDLコレステロール量は肝臓が制御しているので、多少食べ過ぎても肝臓が調節してくれます。

 

そのため、普通であればそれほどLDLコレステロールを気にする必要はないのですが、食べ過ぎの生活を長く続けていると、徐々に体内のLDLコレステロール量が増えていく可能性があります。
この点を考慮するとよくいわれるように食事は「腹八分目」に抑えることが大切です。

 

それから偏った食生活についてですが、これは特にLDLコレステロールを増やす食品ばかりを食べ、LDLコレステロールを減らす食品をあまり食べていないケースを指します。
LDLコレステロールを増やす食品とは、動物性脂肪や飽和脂肪酸が多く含まれているもののことです。
たとえば、お肉やお魚、卵などがあげられます。

 

LDLコレステロールを減らす食品には野菜があります。
なぜ野菜かというと、野菜には食物繊維が豊富に含まれているからです。
LDLコレステロールは肝臓で胆汁酸の合成に消費される性質があります。
胆汁酸は十二指腸に分泌されて消化を助けますが、その後に小腸から肝臓に吸収されて再利用されます。
しかし、この時、食物繊維が小腸に存在すると、胆汁酸の吸収は行われず、便となって排泄されます。
そうなれば排泄された分、体内のLDLコレステロールが減るのは当然です。

 

食べ方の問題も

LDLコレステロールは食べ方によっても増えることがあります
たとえば、1日の食事量は同じでも、朝食よりも夕食にたくさん食べるスタイルの場合は注意が必要です。
なぜかというと、夕食に食べた栄養はエネルギーとして使われにくく、すぐに脂肪になったりするからです。

 

それから野菜などの食物繊維を含むものを最初に食べていない場合も注意が必要です。
最初に食物繊維をとっておくと、その後に摂取するLDLコレステロールの吸収を抑え、便として排泄することができます。
これは上記の胆汁酸の吸収を阻害するのと同様の作用が起こることによるものです。
一番だめなのは食事の最後に食物繊維を含む食品を食べることです。

 

関連ページ
LDL(悪玉)コレステロールを下げるために摂りたい食べ物・・食品
LDL(悪玉)コレステロールを下げるために摂りたい成分