コレステロールが高い原因

コレステロールが高い原因

 

LDLコレステロールが高くなるメカニズム

コレステロールが高い原因の前に高くなるメカニズムを紹介したいと思います。

LDLコレステロールの調節機能が狂うことで高くなる

コレステロール自体は日々肝臓で生成されていますし、食事から吸収する分もあるので、常に体内に一定量が存在します。
コレステロールは細胞膜や胆汁酸、各種ホルモンなどの原料になるので、体内に一定量のコレステロールが存在することは決して悪くはありません。
むしろその量を保つことで、人間は健康的な生活を送ることができます。

 

ただし、それはあくまでもコレステロールを調節する機能が正常に働いている場合のみです。
調節機能が狂えば体内のコレステロール量を制御することができなくなり、血中LDLコレステロールが高くなることがあります。

 

LDLコレステロールが高くなるさまざまなメカニズム

LDLコレステロールが高くなるのはコレステロールの調節機能が狂うからですが、その調節機能をつかさどるものは複数あります。
まずあげられるのは肝臓の調節機能です。
肝臓は基本的にからだに必要な分のコレステロールしか生成しません。
たとえば、食事からコレステロールを多く摂取すれば、その分、肝臓で生成されるコレステロール量は減ります。
しかし、生活習慣などの影響で肝臓の機能が低下すると、コレステロールを生成させすぎて血中LDLコレステロールが高くなることがあるのです。

 

それからコレステロールの生成量自体に問題はなくても、コレステロールの排出機能がうまくいかないことによって血中LDLコレステロールが高くなることもあります。
コレステロールの排出も肝臓が行っているのですが、やはり生活習慣などの影響で肝臓の機能が低下すると、LDLコレステロールが減るペースよりも増えるペースの方が早いという事態になります。

 

甲状腺ホルモンもコレステロールの調節機能のひとつです。
甲状腺ホルモンは体の代謝を促す作用があります。
細胞を活性化するために酸素を激しく消費し、血糖値を上げて脂肪の分解を促します。
コレステロールは脂肪の一種なので、この際、血中コレステロール値も低くなります。
そのため、病気や生活習慣などの影響で甲状腺ホルモンがあまり分泌されないでいると、LDLコレステロールが高くなります。

 

また細胞に存在するLDL受容体は血中LDLコレステロールを取りこむ働きがあります。
そのため、細胞のLDL受容体の発現が少ないと血中LDLコレステロールが上がります。
LDL受容体は細胞内のコレステロール量が少ないほど発現しやすくなる性質があります。