コレステロールの役割と働き

コレステロールの役割と働き

コレステロールとは

コレステロールとは、脂質の一種を指します。脂質はいわゆる油脂全般のことで、コレステロール以外にも中性脂肪や脂肪酸、リン脂質といったものがあります。

 

コレステロールは基本的に肝臓で生成されます。これを「内因性コレステロール」と呼びますが、外部、つまり食事から摂取することもできます。
食事から摂取するものは「外因性コレステロール」と呼び、小腸から吸収されるようになっています。

 

コレステロールはどのような役割・働きを持つ?

細胞膜の成分になる

人間にとってのコレステロールの役割は細胞膜の成分になることです。
細胞膜は人間の全身に存在する細胞を包んでいる膜のことで、大半はリン脂質から構成されており、このほか少量のコレステロール、たんぱく質、糖などが含まれています。
コレステロールを含む多くの脂質が使われているので、細胞は油脂のすべりによる流動性や柔軟性を獲得しているのです。

 

ホルモンの原料になる役割・働き

それからコレステロールはホルモンの原料になる役割・働きがあります。
ホルモンとは、男性ホルモンや女性ホルモンなどのことです。
これらのホルモンは人間の生命活動を維持したり、男性なら男性らしさ、女性なら女性らしさをつくるのに役立つので、健康な生活にはコレステロールが欠かせません。

 

胆汁酸の原料

コレステロールは胆汁酸の原料にもなります。
胆汁酸は肝臓でコレステロールを酸化して生成される化合物です。
胆汁酸は胆汁の主成分で、胆汁を正常に分泌させるのに必要であり、この胆汁は界面活性剤のような役割を持ちます。
十二指腸に分泌されるのですが、水と油の両方に溶けるので、脂質成分の消化を助けてくれます

コレステロール⇒胆汁酸の原料⇒胆汁の主成分

 

コレステロールはこのように様々な役割・働きがあり必要なものです。

 

コレステロールはどのように体から排出される?

コレステロールが使われた胆汁酸のほとんどは分泌後、肝臓に戻ります
肝臓に戻らなかった分は便になり、体外へ排出されます。この排出が適切に行われれば、体内のコレステロール量を一定に保つことができます。

 

また食事によって摂取したコレステロールはその全部が吸収されるわけではなく、いくらかは便によって体外へ排出されるようになっています。

 

どれくらい吸収されるかは人によって全然違います。
平均では50%程度ですが、実際には20%〜80%程度とばらつきがあります。
これは人によって体内のコレステロール量が異なるからです。
コレステロール量が多い人は吸収率が下がり、コレステロール量が少ない人は吸収率が上がります。
またコレステロールと同時に摂取する他の成分によっても吸収率は変化します。"