LDL(悪玉)コレステロールを下げる方法を紹介しています。

LDL(悪玉)コレステロールを下げる対策|サプリを飲んで比較してみた

LDL(悪玉)コレステロールを下げる方法

LDL(悪玉)コレステロールの数値が高いと血液がドロドロになり動脈硬化を引き起こしてしまう可能性があります。

そして、LDLコレステロールが血管の内壁に蓄積されて進行してしまうと
狭心症や心筋梗塞、脳梗塞、閉塞性動脈硬化症といった病気につながる可能性があります。

こういった病気にならないために早期に対策をとることが大切になってきます。

コレステロールとは

まずコレステロールにはLDLコレステロールとHDLコレステロールの2つがあるのですが、

  • LDLコレステロールを悪玉コレステロール
  • HDLコレステロールを善玉コレステロール

と呼ばれています。

問題なのはこのLDL(悪玉)コレステロールの値が高くなることで動脈硬化などにつながっていくわけです。
ですからこのLDL(悪玉)コレステロールを下げる必要があります。

コレステロールの数値(基準値)

ここでLDL(悪玉)コレステロールを下げるといっても数値がないと高いとか下げるとか言ってもわかりません。
そこでコレステロールの数値(基準値)を紹介したいと思います。
おそらく健康診断などで数値が出ていると思います。

ちなみに日本動脈硬化学会の脂質異常症診断基準でいうと

LDLコレステロール
140mg/dL以上:高LDLコレステロール血症
120~139mg/dL:境界域高LDLコレステロール血症

HDLコレステロール
40mg/dL未満:低HDLコレステロール血症

中性脂肪トリグリセライド(TG)
150mg/dL以上:高トリグリセライド血症

となりどれか一つでも範囲外だと脂質異常症という判定になります。
これを見るとLDLコレステロールが高いことも問題なのですが、HDLコレステロールが低すぎるものも問題です。
ちなみに中性脂肪もコレステロールと密接な関係があり中性脂肪が高いことも問題です。

LDLコレステロールでいうと140mg/dL以上になると高LDLコレステロール血症ということになります。

そして最近注目されてきているのがLH比です。
この比率が重要と言われていたりもします。
どういうことかというとLDLコレステロールの値が低くてもそれ以上にHDLコレステロールの値が低かったりすると血管に悪影響を及ぼす可能性があるということなんです。

ですからLDLコレステロールだけでなく、HDLコレステロールとの関係が大事ですということですね。
これに関しても確実に認められているわけではないのでこういった考え方も出てきているということです。

LDLコレステロールが高い原因

まずはコレステロールが高い原因を把握する必要があります。

生活習慣の問題
偏った食生活や暴飲暴食、運動不足、ストレスなどが原因

遺伝
家族性高コレステロール血症など遺伝的な要因

病気
糖尿病や甲状腺機能低下症の病気が原因

この3つのどれかが原因として考えられます。
当サイトでも100人の方にアンケートをとったのですが、ほとんどの方は生活習慣が問題と考えていました。

生活習慣の問題

考えられる原因として

LDLコレステロールが高い食品を食べている
たまご(卵黄)やするめ、肉類などコレステロールが高い食べ物・飽和脂肪酸が含まれる食べ物の食べ過ぎるとLDLコレステロールが増える原因につながります。

食べ過ぎ・偏った食生活
お腹いっぱいに肉や飽和脂肪酸が多く含む食べ物ばかりを食べているとLDLコレステロールが増える原因につながります。

アルコール・お酒の飲みすぎ
アルコール度数の高い飲み物をよく飲むとLDLコレステロールが増える原因につながります。

運動不足
運動は健康にも大事でほとんどしない健康にもよくありません。

睡眠不足
寝不足はストレスにもなりますし、体にも影響を与えかねません。

ストレス
強いストレスを受け続けると体に様々な影響を与える可能性があります。

喫煙・タバコ
喫煙は血流などだけでなく健康にもよくありません。

とこういったことが考えられます。
当サイトのアンケートではほとんどの方が食生活の問題だと考えていました。

LDLコレステロールを下げるためには

それではコレステロールを下げるためにはどうすれば良いのでしょうか。

食生活(食べ物・食事)の改善
LDLコレステロールが高い食べ物を減らし、LDLコレステロールを下げる働きのある食べ物を食べる

運動
有酸素運動やできるなら無酸素運動などを継続的に行う


LDLコレステロール値が基準値を超えている場合薬で下げる

方法としてはこういった方法があります。
薬に関してはLDLコレステロール値が高い場合に医師に処方されます。
これも副作用などが出る可能性もあるので理想は食事療法と運動療法が大事です。

LDLコレステロールを下げるために食べたい食事・食品

ではLDLコレステロールを下げるために食べたい食品とはどういったものがあるのでしょうか。
これはいくつか言われている食品があるので紹介したいと思います。

ちなみに当サイトで紹介しているものでは

青魚|亜麻仁油|えごま油|大豆|ナッツ類|にんにく|玉ねぎ|納豆|野菜|ブロッコリー|明日葉|しいたけ|トマト|牡蠣|甲殻類(エビ・カニ)|ヨーグルト|高麗人参・田七人参|ゴマ|チアシード|青汁

とこういった食べ物・食品があります。

詳しくはこちらで紹介しています。

食べ物も大事なのですがその中に含まれている成分がポイントになるので、そのポイントとともにこの中でおすすめの食べ物(成分)を合わせて紹介したいと思います。

おすすめの食べ物(成分)

甲殻類(クリルオイル)

甲殻類といえばエビやカニなどがありますが、オキアミから抽出されるクリルオイルが注目されています。
このクリルオイルにはEPA・DHAが含まれているのですが、一般的な青魚などから抽出したEPA・DHAとは違います。
特徴としては水に溶けやすく吸収率が良いので質が良いと言われています。
さらにEPA・DHAは酸化しやすいのですが、アスタキサンチンも豊富に含まれていて酸化を防いでくれる働きもあります。

青魚(EPA・DHA)

この青魚(サンマ・サバ・イワシなど)に多く含まれるEPA・DHAがLDLコレステロールに良いということはよく言われているのでご存知の方も多いのではないでしょうか。EPAは中性脂肪にも良いとされていて注目の成分です。
EPA・DHAは熱に弱く、酸化しやすいので効率良く摂取するためにサプリメントも良いと思います。

大豆(レシチン・サポニン)

大豆にはレシチンや大豆サポニンといったLDLコレステロールにも関係している成分が豊富に含まれています。
さらにイソフラボンも含まれているのでLDLコレステロールのことを考えると注目です。
効率良く摂取するために豆乳飲料などの飲み物も良いのではないでしょうか。

田七人参(サポニン)

田七人参はあまり聞いたことがないかもしれませんが、高麗人参と同じウコギ科の植物です。
一部の地域でした育たない植物で希少なものです。
特徴はサポニンが豊富に含まれていて高麗人参の約7倍以上と言われています。
この田七人参はコレステロールや血流、肝機能、高血圧や血糖値の数値が気になる方など様々な方に飲ませている注目のものです。

納豆(レシチン・ナットウキナーゼ)

納豆は大豆を納豆菌で発酵させた食品でレシチンやイソフラボンに加えナットウキナーゼも含まれています。
ナットウキナーゼはサラサラ成分と言われていて血流改善にも効果が期待できるということなんです。
レシチン・イソフラボン・ナットウキナーゼと嬉しい成分がしっかり含まれています。

まとめ

こういった成分が主に良いとされている食べ物(成分)です。
食事の中で充分に摂ることができれば良いのですが、なかなか効率よく摂取するのが難しかったりします。

例えばコレステロールや中性脂肪を下げる成分として代表的なものでEPA・DHAがありますが、厚生労働省の「日本人の食事摂取基準」では

望ましいEPA及びDHAの摂取量(g/日)として男女18歳以上では1g以上と記載されています。

参考ページ:厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015 年版)の概要」

しかしどの年代も1000mgには達していません。

食物繊維なども同じ事が言えますね。
食の欧米化で野菜や魚などを食べる量が減っているということは以前から言われていることですね。

基本は規則正しい食生活なのですが、こういったことからもサプリメントでサポートするというのも一つということですね。
実際EPA・DHAのサプリメントも人気になっていますし、野菜ジュースや青汁なども効率良く必要な成分が摂取できるので人気になっています。

そういったところでLDLコレステロールのことを考えたときにおすすめのサプリメントやドリンクを紹介したいと思います。

LDL(悪玉)コレステロールサプリ

LDL(悪玉)コレステロールを下げるためのサプリメントは数多く販売されています。
その中でどれが良いのかわからないという方も多いかと思います。

LDL(悪玉)コレステロールサプリの選び方

基本的なポイントとしては配合されている成分がどういったものなのか。
上で挙げたような成分がLDL(悪玉)コレステロールを下げるのに良いとされている成分です。
こういった成分が配合されているのか、さらにはどれくらい配合されているのかなどがポイントになってくるかと思います。

例えばDHAやEPAはLDLコレステロールが高いという方は対策として飲んでいる方が多いとは思いますが、DHAやEPAがどれくらい配合されているのか、含有量などをしっかり比較することが大事だと思いますし、あとはその注意点として酸化しやすいということがあるのでいかに酸化させないようにサプリメントが作られているのかなどもポイントになるでしょう。

このようにどういった成分が配合されているサプリメントを選ぶのか、
さらにはその選んだサプリメントは高品質なのかなどが選ぶポイントの基準になるのではないでしょうか。

あとは価格です。
高ければいくらでも良い商品はありますが、そんな費用は出せません。

ですから自分が出せる費用とサプリメントの価格、品質を考えて商品を選ぶことが大切です。

LDL(悪玉)コレステロールを下げる対策としておすすめのサプリ

きなり




まず紹介するなら「きなり」でしょうか。
とても人気になっていて販売実績のあるサプリメントです。

主成分はDHAとEPAでそこにDPA、クリルオイルやナットウキナーゼなどが配合されています。

DHA・EPAの含有量でいうと4粒あたり約500mgと平均的なのですが
クリルオイルやナットウキナーゼ、総合的な品質から人気になっているのだと考えられます。

クリルオイルは普通の青魚から抽出するDHA・EPAに比べて吸収力があって酸化を防いでくれるという特徴があり、効果も期待できて品質面でも高いということが言えるかなと思います。

初回は安く利用できるのも人気になっている理由だと思います。
試しやすく良いかと思います。

他にもおすすめのサプリメントをランキング形式で紹介していますのでよかったらみてみてください。

LDL(悪玉)コレステロールの予防と対策アンケート

他の方のLDL(悪玉)コレステロールの予防と対策が気になると思います。
そこでLDL(悪玉)コレステロールが高い方に考えられる原因やその対策、その結果どうなったのかなどアンケートをとりましたので参考にしていただければと思います。

脂肪酸について

脂肪酸には酢酸、プロピオン酸、イソ酪酸、酪酸、イソ吉草酸、吉草酸、カプロン酸、乳酸、コハク酸、パルミチン酸、ステアリン酸、オレイン酸、リノール酸、γ-リノレン酸、アラキドン酸、そして、オメガ3脂肪酸と呼ばれるα-リノレン酸、エイコサペンタエン酸(EPA)、ドコサヘキサエン酸(DHA)などがあります。
これらは炭素の数や炭素と炭素のつながり方、炭素の二重結合の数が違いがあり、
炭素の数が6以下のものは単鎖脂肪酸、炭素と炭素が1本でつながっているものが飽和脂肪酸、2本でつながっている二重結合が不飽和脂肪酸です。
不飽和脂肪酸はコレステロールを減らすということが言われています。
不飽和脂肪酸はEPA(イコサペンタエン酸)とDHA (ドコサヘキサエン酸)はもちろん、リノール酸やα-リノレン酸などがあります。
リノール酸はは大豆油やコーン油、ベニ花油に多く含まれ、α-リノレン酸はキャノーラ油やシソ油、エゴマ油などに含まれています。

この不飽和脂肪酸でも二重結合が1つしかないものを一価不飽和脂肪酸、二重結合が2つ以上あるものを多価不飽和脂肪酸と言います。
多価不飽和脂肪酸の中でも鎖状に結合した3個目の炭素に二重結合があるものをオメガ3系脂肪酸(n-3系脂肪酸)と言います。

オメガ3脂肪酸について

ここでオメガ3脂肪酸について紹介したいと思います。
オメガ3脂肪酸(n-3系脂肪酸)はα-リノレン酸(ALA)、EPA(イコサペンタエン酸)、DHA (ドコサヘキサエン酸)とあります。
まずALA(α-リノレン酸)はキャノーラ油、エゴマ油、大豆油、アマ油などに多く含まれています。
EPA(イコサペンタエン酸)やDHA (ドコサヘキサエン酸)はサラサラ成分と言われ青魚(サバ・サンマ・イワシ・マグロ・ブリ等)に多く含まれています。

EPAやDHAに関してはWHOやFDAなど世界各国でも摂取することが推薦されています。
各国で様々な研究が行われており効果が報告されています。
ちなみにDHA・EPA(オメガ3脂肪酸)に関して日本でも厚生労働省が1日1,000mgの摂取を推薦しています。

しかし、食の欧米化など青魚を食べなくなったことも関係しているとは思いますが、男女ともほとんどのどの世代でDHA・EPAが不足しているという結果がでています。

そこで食生活の改善や運動など対策をとることが大事なのですが日常生活の習慣を改善するのが難しいということでサプリなどの健康食品を摂取して補うわけです。
コレステロールにはDHAやEPAなどの成分がおすすめされていますが、なかなか効率よく摂取できないのでサプリなどが多く出てきているというのがあります。

関連ページ
■脂肪酸の種類と特徴

参考サイト
■消費者庁Webサイト 脂質と脂肪酸のはなし
■農林水産省Webサイト 脂肪酸

私もコレステロールが気になっていたのでLDL(悪玉)コレステロール値を下げる方法などを調べていたのですが、基本は食生活の改善や運動ということが大事なのですが、そうはいってもなかなか継続してできることではないですね。
オメガ3脂肪酸のEPAやDHAは青魚に多く含まれてるのですが青魚を継続的に食べられれば良いのですがなかなか難しいです。
そこで最近注目されているサプリに注目してみました。
調べていくと様々なLDL(悪玉)コレステロール対策のサプリが販売されていてちょっと試してみようと思うようになりました。
そして、いくつかの商品を実際に利用してみました。
もともとのLDL(悪玉)コレステロールの数値がどれくらいなのかはわからなかったので目に見えての数値の変化はわかりませんが体には良いと感じています。
効果に関しては保証できるものではありませんし、変化に関しては個人差もあるでしょうし。
それでも興味のある方はお試し価格などで利用できるものもあるので試してみるのも良いのではないでしょうか。

Copyright© LDL(悪玉)コレステロールを下げる対策|サプリを飲んで比較してみた , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.