LDL(悪玉)コレステロールを下げる方法を紹介しています。

LDL(悪玉)コレステロールを下げる対策|サプリを飲んで比較してみた

LDLコレステロールが高い原因

アルコール・お酒の飲みすぎとLDLコレステロールの関係

アルコールとLDLコレステロールの関係

アルコールは体内に入ると肝臓で分解が行われます。
そのため、大量のアルコールを摂取すると、肝臓が酷使され、肝機能が低下する原因になります。
ひどい場合は肝機能障害を起こし、健康や命の危険にさらされます。

LDLコレステロールもアルコールと同様、肝臓で処理されている物質です。
肝臓が正常に働いていればたとえ一時的に血中LDLコレステロール値が高まったとしても、肝臓の細胞に取り込んでLDLコレステロール値を下げてくれます。
しかし、アルコールの過剰摂取によって肝機能が低下していると、その取り込み機能はうまく働かず、血中LDLコレステロール値がどんどん高まっていく可能性があるのです。

ですからお酒の飲みすぎは良くありません。

コレステロールに良くないお酒は?

お酒といってもいろいろあります。
では良くないお酒は何なのでしょうか。

コレステロールに良くないお酒は基本的に「アルコール度数の高いお酒」です。
どれだけお酒を飲むかというよりは、どれだけアルコールを摂取するかがコレステロールの上昇に関わっているので、アルコール度数の高いお酒はそれだけ肝臓に負担がかかり、血中LDLコレステロール値を上げてしまうおそれがあります。

アルコール度数の高いお酒で代表的なのは蒸留酒です。
蒸留酒はアルコールを濃縮して蒸留しているので、お酒の中ではトップクラスにアルコール度数が高くなっています。

たとえば焼酎やウイスキー、ブランデーなどが有名な蒸留酒としてあげられます。
もしこれらのお酒を飲む時はストレートで飲まず、水割りにしたり、氷を入れたりして薄め、なおかつ飲みすぎないようにするといいでしょう。

アルコール・お酒を飲むなら何が良い?

じゃあどんなお酒ならまだいいのか気になるところです。

アルコール・お酒を飲むなら「アルコール度数の低いお酒」を選ぶのが基本です。
たとえば、ビールやワイン、日本酒などの醸造酒があげられます。
特にビールはワイン、日本酒と比べてもアルコール度数が低いので、アルコール摂取を抑えるのに向いています。

それからチューハイもアルコール度数の低いお酒です。
チューハイは蒸留酒をベースにしていますが、他の飲料で割ってかなりアルコールを薄くしているので、蒸留酒をそのまま飲むよりも安心です。

ただし、アルコール度数の低いお酒を選んでも飲みすぎたり、つまみで脂質を摂りすぎたりすれば、結局LDLコレステロールが上昇する可能性があります。
またお酒に入っているアルコール以外の成分で栄養バランスが崩れて健康を損なうこともあるので、そのあたりにも注意を向ける必要があるでしょう。

肝臓に負担をかけないために

肝臓に負担をかけないためにはお酒を控えることや、上で紹介したアルコール度数の低いお酒を選ぶというのが一つです。
ただ、ビールなどを飲むならワインなどのほうが良いのではないでしょうか。
特に赤ワインはポリフェノールが多く含まれていて血流改善の効果も期待できます。

あとは肝臓の働きをサポートすることです。
オルニチンやタウリンなどお酒を飲む人はこういった成分を意識的に摂取するのも一つではないでしょうか。

オルニチンならシジミ、タウリンなら牡蠣などがあります。
こういったサプリメントなども出ているのでそういったものを摂取するのも良いのではないでしょうか。

他には大豆に含まれるレシチンなどもお酒対策というより肝機能を高めることを考えるとこれも良いと思います。
肝機能が低下しているという方はこれでしょうか。

レシチンは肝機能もそうですしLDLコレステロールを下げる効果も期待できるので良いかと思います。

-LDLコレステロールが高い原因

Copyright© LDL(悪玉)コレステロールを下げる対策|サプリを飲んで比較してみた , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.