LDL(悪玉)コレステロールを下げる方法を紹介しています。

LDL(悪玉)コレステロールを下げる対策|サプリを飲んで比較してみた

LDLコレステロールが高い原因

LDL(悪玉)コレステロールが高い・高くなる原因

LDLコレステロールが高くなるメカニズム


コレステロールは体に必要なものなのです。
まずコレステロールがどういったものなのかを理解しておく必要があるかと思います。
コレステロールが高い原因の前に高くなるメカニズムを紹介したいと思います。

LDLコレステロールの調節機能が狂うことで高くなる


コレステロール自体は日々肝臓で生成されていますし、食事から吸収する分もあるので、常に体内に一定量が存在します。
コレステロールは細胞膜や胆汁酸、各種ホルモンなどの原料になるので、体内に一定量のコレステロールが存在することは決して悪くはありません。
むしろその量を保つことで、人間は健康的な生活を送ることができます。

ただし、それはあくまでもコレステロールを調節する機能が正常に働いている場合のみです。
調節機能が狂えば体内のコレステロール量を制御することができなくなり、血中LDLコレステロールが高くなることがあります。

LDLコレステロールが高くなるさまざまなメカニズム


LDLコレステロールが高くなるのはコレステロールの調節機能が狂うからですが、その調節機能をつかさどるものは複数あります。

肝機能との関係

まずあげられるのは肝臓の調節機能です。
肝臓は基本的にからだに必要な分のコレステロールしか生成しません。
たとえば、食事からコレステロールを多く摂取すれば、その分、肝臓で生成されるコレステロール量は減ります。
しかし、生活習慣などの影響で肝臓の機能が低下すると、コレステロールを生成させすぎて血中LDLコレステロールが高くなることがあるのです。

それからコレステロールの生成量自体に問題はなくても、コレステロールの排出機能がうまくいかないことによって血中LDLコレステロールが高くなることもあります。
コレステロールの排出も肝臓が行っているのですが、やはり生活習慣などの影響で肝臓の機能が低下すると、LDLコレステロールが減るペースよりも増えるペースの方が早いという事態になります。

甲状腺ホルモンとの関係

甲状腺ホルモンもコレステロールの調節機能のひとつです。
甲状腺ホルモンは体の代謝を促す作用があります。
細胞を活性化するために酸素を激しく消費し、血糖値を上げて脂肪の分解を促します。
コレステロールは脂肪の一種なので、この際、血中コレステロール値も低くなります。
そのため、病気や生活習慣などの影響で甲状腺ホルモンがあまり分泌されないでいると、LDLコレステロールが高くなります。

また細胞に存在するLDL受容体は血中LDLコレステロールを取りこむ働きがあります。
そのため、細胞のLDL受容体の発現が少ないと血中LDLコレステロールが上がります。
LDL受容体は細胞内のコレステロール量が少ないほど発現しやすくなる性質があります。

こういったメカニズムからコレステロールが高くなります。

コレステロールが高い原因


では具体的にどういったことでコレステロールが高くなるのかというところです。
主に

  • 生活習慣(食生活など)
  • 遺伝
  • 病気

が考えられます。

生活習慣(食生活など)

おそらく多くの方がこれに該当するのではないでしょうか。

肝機能の低下や甲状腺ホルモンの分泌の減少もこの生活習慣が関わっている場合が多いので改善など大事なポイントです。

暴飲暴食、偏った食生活、アルコールの飲み過ぎなど様々です。
運動不足なども原因の一つとして考えられるでしょう。

LDLコレステロールが高い食品


肉や魚などLDLコレステロールが高い食べ物があります。
特に卵(卵黄)や肉類、魚でいえばするめなどの干し物などが高い傾向にあります。
特に卵(卵黄)は医者などに食べ過ぎないように控えることが大事と言われることが多いでしょう。

食べ過ぎ・偏った食生活


食べ過ぎや偏った食生活は体内のLDLコレステロール量を増やす原因になります。
LDLコレステロールは吸収率の関係で摂れば摂るほど吸収されるわけではなく、食事に含まれている分のさらに一部しか吸収されません。
食事は「腹八分目」に抑えることが大切です。

アルコール・お酒の飲みすぎ


アルコールを摂りすぎると肝臓にも負担がかかります。
LDLコレステロールもアルコールと同様、肝臓で処理されている物質なので肝機能が低下してしまうとうまく処理できず血中LDLコレステロール値がどんどん高まっていく可能性があります。
飲むのであればアルコール度数の低いものやアルコール分解を助けてくれる成分を摂取するのも一つです。

運動不足


適度な運動で消費カロリーも増え、脂肪燃焼効果も期待できます。
さらに筋肉がつくことで基礎代謝も向上し太りにくい体になります。
LDLコレステロールと中性脂肪は密接な関係があるのです、が運動することで中性脂肪を減らすことにつながるのでLDLコレステロールを減らすにはまず中性脂肪を減らすのが有効です。

無理をすると続かないのでできることから少しづつ継続して行うと良いのではないでしょうか。

睡眠不足


睡眠不足はLDLコレステロールだけでなく健康面でも悪影響を及ぼす可能性があります。
睡眠不足の人は脂質を代謝できず、脂質の一種であるコレステロールも体外に排出できなくなり、結果LDLコレステロールが上昇するという仕組みです。
睡眠不足によるストレスの問題もありますし様々な理由から関係してくる可能性があります。

ストレス


過度なストレスを受け続けると体に様々な悪影響ができる可能性があります。
コレステロールでいうとストレスが血中LDLコレステロール値を上昇させる原因につながります。
ストレスの原因は様々あり、なかなか解消できないこともありますがリラックスしたり副交感神経を優位にすることを心がけましょう。

喫煙・タバコ


喫煙は血液をドロドロにして動脈硬化につながるということはよく言われています。
本数を減らしたり軽いものに変えるなども大切ですが、喫煙することが一番です。
あとは副流煙も良くないのでたばこを吸う人の近くには行かないようにすることも大切です。

遺伝が原因


食生活や生活習慣などきっちりしているのにどうしても ldlコレステロールが高くなると言うかと思います。
親がもともと高かったりという方でそのまま遺伝的に高いということです。

規則正しい生活をしているのにLDLコレステロールが高いという方は遺伝の可能性も高いのではないでしょうか。

実際私が行ったアンケート結果でも遺伝が原因ではないかという方の比率は12%でした。

病気が原因


上の二つに当てはならない方で病気が原因でLDLコレステロールが高くなるという方もいます。

主なものとして

  • 糖尿病
  • 甲状腺機能低下症
  • 閉塞性黄疸
  • ネフローゼ症候群

などが言われています。
しっかり医師の診断を受けることが大事です。

まとめ

こちらのLDL(悪玉)コレステロールが高くなってしまった原因は?のアンケートでもわかる通り、ほとんどの方が食生活を中心とした生活習慣の問題の方が多いです。

まずは生活習慣の改善ですができることからおこなっていってサプリメントなどで補ってサポートしてあげるのが良いのかなと思います。

-LDLコレステロールが高い原因

Copyright© LDL(悪玉)コレステロールを下げる対策|サプリを飲んで比較してみた , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.